ニックス球団社長の決め手は、ジェームズ・ドーラン氏が”うんざり”したから?

ニューヨーク・ニックスが2月に球団社長のスティーブ・ミルズ氏を解任した後、新球団社長として現トロント・ラプターズの球団社長であるマサイ・ウジリ氏の雇用が噂されていました。

しかし、ニックスは最終的にゴールデンステート・ウォリアーズやロサンゼルス・レイカーズのように、元代理人のレオン・ローズ氏を球団社長として招き入れました。

それはなぜでしょうか?



『New York Times』のマーク・ステイン記者は、ニックスが新球団社長にレオン・ローズ氏を選んだ理由の一つについて、次のように紹介しています。

ローズ氏が選ばれた理由の一つは、(ニックスのオーナーであるジェームズ)ドーラン氏が、トロントのマサイ・ウジリ氏のような経験豊富なエグゼクティブを雇う必要があると言われることにうんざりしており、10年間に渡ってニックスとローズ氏の元雇用主である『Creative Artists Agency』が頻繁にビジネスを行っていたため、ローズ氏に取って代わられたのだと聞いている。

ドーラン氏が周囲からの指摘にうんざりしていたのか実際には分かりませんが、ローズ氏を雇用するという選択はそれほど悪いことではないかもしれません。

なぜなら、ウォリアーズはボブ・マイヤーズ氏と成功を収め、レイカーズはロブ・ペリンカ氏と状況を好転させたからです。

blank

6連勝のロケッツを破ったニックス、ジュリアス・ランドルは「強みや利点を活かせた」

2020-03-03

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。