トピックス

ニックス球団社長の決め手は、ジェームズ・ドーラン氏が”うんざり”したから?

ニューヨーク・ニックスが2月に球団社長のスティーブ・ミルズ氏を解任した後、新球団社長として現トロント・ラプターズの球団社長であるマサイ・ウジリ氏の雇用が噂されていました。

しかし、ニックスは最終的にゴールデンステイト・ウォリアーズやロサンゼルス・レイカーズのように、元代理人のレオン・ローズ氏を球団社長として招き入れました。

それはなぜでしょうか?



『New York Times』のマーク・ステイン記者は、ニックスが新球団社長にレオン・ローズ氏を選んだ理由の一つについて、次のように紹介しています。

ローズ氏が選ばれた理由の一つは、(ニックスのオーナーであるジェームズ)ドーラン氏が、トロントのマサイ・ウジリ氏のような経験豊富なエグゼクティブを雇う必要があると言われることにうんざりしており、10年間に渡ってニックスとローズ氏の元雇用主である『Creative Artists Agency』が頻繁にビジネスを行っていたため、ローズ氏に取って代わられたのだと聞いている。

ドーラン氏が周囲からの指摘にうんざりしていたのか実際には分かりませんが、ローズ氏を雇用するという選択はそれほど悪いことではないかもしれません。

なぜなら、ウォリアーズはボブ・マイヤーズ氏と成功を収め、レイカーズはロブ・ペリンカ氏と状況を好転させたからです。

[kanren postid="17875,17847"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS