NBAの開幕を12月に変更する案が悪くない理由

来シーズンの開幕戦をクリスマスにしましょう――6月にプレイオフを開始し、NBAファイナル、ドラフト、そしてフリーエージェントは8月に移行しましょう――そして、それを永続的なものにしましょう――。

『NBC Sports』のカート・ヘリン記者によれば、NBAはこの案について真剣に検討しているようです。

かなり狂っているようにも見えますが、NBAの開幕を12月に変更する案は、それほど悪くはないかもしれません。



クリスマスでのシーズン開幕と言えば、ロックアウトが行われた2011-12シーズンが挙げられ、この時はレギュラーシーズンを82試合から66試合に変更することで、NBAは本来のスケジュールを取り戻しました。

しかし、試合数を減らしたとはいえ、それでもレギュラーシーズンは過密日程で進んでいき、各チームが少なくとも一度は3日間連続で試合を行う時がありました。

その結果、選手にかかる負担は極めて大きく、当時シカゴ・ブルズに在籍していた若きスターのデリック・ローズは、プレイオフの第1ラウンドで悲劇的な左膝前十字靭帯断裂に見舞われました。

ローズの怪我は、偶然ではなかったかもしれません。

そのため、NBAは無理にスケジュールを取り戻すのではなく、12月の――それもクリスマスにレギュラーシーズンを開幕するように固定すればいいのです。

なぜクリスマスなのでしょうか?

従来のクリスマスゲームは、リーグで最も盛り上がるレギュラーシーズンの試合日の一つであり、そのシーズンで注目されているチーム同士のマッチアップが行われるため、開幕戦にも適しています。

さらに、2019-20シーズンは10月22日に開幕しましたが、この日はMLBのワールドシリーズ(優勝決定戦)の初日でした。

その他にも、クリスマスまではNFLやカレッジフットボールがアメリカのスポーツ界を盛り上げているため、全国のスポーツファンをNBAで魅了するのは難しいのです。

一方で、12月下旬になれば他のスポーツの試合が減るため、NBAのシーズン序盤を多くの人々に見てもらうことができ、熱狂的な素晴らしいスタートを切れるようになるでしょう。

 

シーズンの開幕を変更する利点はまだまだ多くあります。

大学バスケットボールのシーズンは11月に開幕されるため、NBAのスカウトたちは約1ヶ月半もの間、落ち着いて将来の有望な選手を見極めることができます。

気温の低い都市で開催されていた2月のオールスターウィークエンドが、快適になった4月中旬に開催されたらどんなに楽しいでしょうか?

2021年の開催予定地であるインディアナポリスは、おそらく2月と4月で20度近い気温差があります。

一方でサマーリーグは、ラスベガスの最悪な7月の猛暑の中で開催する必要が無くなります。

気温が下がり始める9月に開催しましょう――夏ではないとしても、名称を「フォールリーグ」に変更すれば問題はありません。

6月にプレイオフが始まれば、親たちも喜ぶでしょう。

夏休みを迎えた子供たちはプレイオフに釘付けになり、時間を過ごしてくれます。



問題があるとすれば、今年開催される東京五輪のような国際大会に、NBAのスター選手が揃わないということでしょうか?

正直言って、これは日本のファンとアメリカのファンで感性が違う可能性があります。

日本のファンは、徐々に力を付けている世界の国々がアメリカ代表と対戦したり、NBAのスター選手を国際大会でも見たいと考えているかもしれませんが、アメリカのファンは、アメリカ代表が証明すべきことはもう無いと考えているかもしれません。

もしそうであったとしたら、NBAのシーズンが12月に開幕することになったとしても、アメリカのファンはそれほどショックを受けないでしょう。

むしろ最初は狂ったように見えても、いずれは「変更して良かった」となるかもしれません。

なぜなら、12月にシーズンを開幕させるメリットの方がはるかに多いからです。

【投票】

NBAのシーズン開幕をクリスマスに変更する案は賛成?反対?
  • 賛成 56%, 101
    101 56%
    101 票 - 56%
  • 2020-21シーズンだけであれば賛成 36%, 64
    64 36%
    64 票 - 36%
  • 反対 8%, 15
    15 8%
    15 票 - 8%
全体の票数: 180票
2020-03-20 - 2020-03-27
この投票は終了しました

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。