ニックスとネッツ…指揮官を務めるならどっち?スタン・ヴァン・ガンディが言及

出典:netsdaily.com

同じニューヨークに本拠地を置くニューヨーク・ニックスと、ブルックリン・ネッツには、現状にもう一つの共通点があります。

 

それは、次の指揮官を誰にするのかということです。



『The New York Post』のブライアン・ルイス記者によれば、かつてマイアミ・ヒートやオーランド・マジック、デトロイト・ピストンズで長きに渡ってヘッドコーチを務めたスタン・ヴァン・ガンディは、ニックスとネッツのヘッドコーチを務めるならどちらがいいかという質問に、次のように答えました。

 

「その2つならネッツの方が良い仕事だ。それについては疑う余地も無い。組織は安定していて、より多くの試合に勝ち、より多くのタレントを揃えているからね」

 

今シーズン、ネッツはここまで30勝34敗でイースタン・カンファレンス7位につけているのに対し、ニックスは21勝45敗でイースタン・カンファレンス12位となっています。

 

ニックスはRJ・バレットやミッチェル・ロビンソンといった若い選手が中核を担っているものの、2012-13シーズンを最後にプレイオフ進出は叶っておらず、2000年以降ではファーストラウンド突破も一度しかありません。

 

一方でネッツは、今シーズンこそカイリー・アービングやケビン・デュラントの負傷に見舞われたものの、来シーズンになれば確実に健康な2人のスターが戻ってきます。

 

ニックスは給料も良く、マディソン・スクエア・ガーデンでコーチングを行うことは魅力的な仕事のようにも見えますが、ヴァン・ガンディはニックスのヘッドコーチを務めることは興味が無いと述べました。

 

「ニューヨーク・ニックスには興味が無い。もし、誰かがニックスのヘッドコーチに興味があるとすれば、彼もあるかどうかは分からないが、私の兄弟になるだろうね」

 

ヴァン・ガンディが指しているのは、彼の弟であるジェフ・ヴァン・ガンディのことで、彼はかつてニックスで7年間ヘッドコーチを務め、1999年にはNBAファイナルまでチームを導きました。



ヴァン・ガンディは付け加えて、ニックスが機能不全に陥っていると指摘しました。

 

「私は多くのコーチとは見方が異なる。私にとっては、誰のために働き、誰と一緒に働くのかということが全てだ。この数年間で見てきた全てのことは、ニックスがかなり機能不全に陥っていることを物語っている」

 

ジェフ・ヴァン・ガンディが2001-2002シーズンにニックスのヘッドコーチを辞任して以降、十数人のヘッドコーチが機能不全に対処しようとしてきました。

 

しかし、未だにニックスが日の目を見ることはなく、少なくとも一人のヴァン・ガンディはニックスのヘッドコーチという立場にさえ興味は無いようです。

 

ネッツの新指揮官はティロン・ルーとなるのか

2020-03-16

ニックス球団社長の決め手は、ジェームズ・ドーラン氏が”うんざり”したから?

2020-03-12

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!