シーズン中止がクリッパーズに与える危機

blank

出典:nbapassion.com

昨年のオフシーズン、ロサンゼルス・クリッパーズはカワイ・レナードとポール・ジョージを獲得することによって、フランチャイズ史上最高とも呼べるような夏を過ごすことができました。

 

時間こそかかったものの、ケミストリーを構築し、全員が健康になり、ドック・リバース・ヘッドコーチが正しいローテーションを把握することによって、オールスター後の9試合はネット・レーティングでプラス11.5ポイントと、リーグで群を抜いた成績を残しました。

 

そして優勝候補の一つとして実力を見せ始めていた矢先――シーズンが中断されました。



シーズンが再開されればまだ良いものの、リーグの風潮は2019-20シーズンの中止という方向に流れつつあります。

 

もし本当にシーズンが中断された場合、クリッパーズが他の多くのチームよりも危機的状況に立たされることは間違いないでしょう。

 

なぜなら、レナードとジョージの去就が懸かっているからです。

 

レナードは昨年のオフシーズンに、4年間が保証されるマックス契約ではなく、2年間が保証される契約(3年目にプレイヤーオプション)を結びました。

 

2020-21シーズンが終わればレナードのキャリアは10年となり、マックス契約でより多くのお金が貰えるようになるため、彼の契約は理にかなったものです。

 

blank

”マックス契約”とは?【NBAのイチから学ぶ用語解説】

2019-07-19

 

偶然にも、ジョージの残された契約もレナードと同じもので、2020-21シーズンにフリーエージェントとなることができます(2021-22シーズンはプレイヤーオプション)。

 

理想では、クリッパーズがこの2年間で優勝できることを証明することによって、レナードとジョージが2021年にオプトアウトし、クリッパーズと長期的な再契約を結んでいたでしょう。

 

しかし、2019-20シーズンが失われるということは、証明の機会が一つ減り、残された機会があと一つしかないことを意味します。

 

もし2020-21シーズンに、たった一つの大きな怪我や、たった一つの大きなケミストリーの問題、あるいはプレイオフで早いうちに敗退するようなことがあれば、レナードとジョージがその時点でチームを去る可能性は激増します。

 

彼らが去るというのは、単に2人のスター選手を失うということではありません。

 

クリッパーズは2021年から2026年までのドラフト1巡目指名権を本質的にほぼ全て手放し、新進気鋭の若手選手であるシャイ・ギルシャス・アレキサンダーもオクラホマシティ・サンダーへトレードしました。

 

彼らはまた、マーカス・モリスを獲得するために2020年の1巡目指名権を手放しましたが、モリスは今年のオフシーズンでフリーエージェントになることから、今シーズンの成功を見据えたトレードを行ったことは明らかです。



2019-20シーズンがどうなるのかはまだ誰にも分かりませんが、確実に言えることがあるとすれば、クリッパーズはレナードとジョージを擁する2年間で必ず成功を収めなければならないという運命にあるということです。

 

そして2019-20シーズンが中止された場合、クリッパーズはたった1年で物事が左右される大きなプレッシャーを受けることになるのかもしれません。

 

blank

クリッパーズがモントレズ・ハレル、マーカス・モリスとの再契約に関心か

2020-02-27
blank

LAでの双子対決の可能性に、マーカス・モリスは何を語る?

2020-02-23

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!