リポート

NBAがドラフト候補選手との接触について各チームに通達

NBAは2020年のドラフト候補選手との接触について、各チームにガイドラインを提供したと、『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者が伝えています。



報道によると、チームはドラフト候補の選手とビデオを通じてミーティングをすることは可能ですが、ワークアウトの様子をビデオで撮影するように依頼することや、チームが選手と直接ワークアウトを行うことは禁じられています。

また、各チームは1人の選手ごとに最大4時間までミーティングが可能ですが、1週間では2時間までと制限されているようです。

現時点では、2020年のNBAドラフトは6月25日に予定されています。

選手のアーリーエントリーは4月26日が期限となっており、既に約100人の選手がドラフトへのアーリーエントリーを宣言しています。

[kanren postid="18329"]

-リポート
-,

© 2020 NBA TOPICS