今シーズンのペリカンズは成功した?デイビッド・グリフィンが言及

ニューオーリンズ・ペリカンズは現在28勝36敗でウェスタン・カンファレンス10位につけ、8位のメンフィス・グリズリーズとは3.5ゲーム差が離れています。

彼らは、今シーズンを成功したと見なしているのでしょうか?



『NBA.com』のジム・エッケンホーファー記者によれば、ペリカンズの運営部門代表であるデイビッド・グリフィンは、今シーズンの残りがどうなるかに関わらず、ペリカンズが成功したと思っていると語りました。

「私は成功したと思っている。コートの中の結果ではなく、コートの外で何ができたかということが理由だ。この組織に、本当に素晴らしい人間性を持った者が居るのは明らかで、それによってここの文化は良くなった。選手は、我々が築いたものの一部を気に入っていると思うよ」

さらにグリフィンは、今のチームが最高潮に達しており、シーズンが再開されれば手に負えないだろうと語っています。

「我々はできることの上っ面しかやっていない。どのような形であれシーズンが再開されれば、我々は信頼できるチームになれると楽観視している。我々は非常に有望なチームだ」

ペリカンズはグリズリーズとの直接対決を2度も残しているだけに、シーズンの再開は非常に重要かもしれませんが、それが叶わずとも将来は有望だと言えるでしょう。

22歳のブランドン・イングラムは今シーズンにキャリア初のオールスターに出場し、同じく22歳のロンゾ・ボールも大きな飛躍を遂げました。

19歳のザイオン・ウィリアムソンはわずか19試合にしか出場できませんでしたが、そのパフォーマンスの素晴らしさは言うまでもありません。

若い選手たちが中核となっただけでも、今シーズンのペリカンズの収穫は十分なものでした。

blank

ペリカンズに欠かせないザイオン・ウィリアムソン、ロンゾ・ボール、ニコロ・メッリの相性

2020-03-23
blank

なぜペリカンズではなく、ザイオン・ウィリアムソンが給与を負担するのか

2020-03-15

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。