トピックス

疲弊したフードバンク従業員の心に響いたグレッグ・ポポビッチHCの言葉

サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチが時に言い放つ独特な言い回しは、新型コロナウイルスによってシーズンが中断されている今でも健在しています。

ポポビッチHCは今週、『San Antonio Food Bank』の従業員たちとの電話会談を行い、その中でポポビッチが従業員に伝えた言葉は、彼らの心に響いたようです。



ポポビッチHCの激励の言葉は、フードバンクやボランティアの軍隊がサウスサイドに住む1万世帯の人々に食料を配給した4日後に送られました。

ポポビッチHC自身もフードバンクの諮問委員会のメンバーを務めていたため、そこで働く人々が疲弊していた実情は把握していたようです。

『San Antonio Express-News』のトム・オースボーン記者によれば、『San Antonio Food Bank』の社長兼CEOのエリック・クーパーはポポビッチHCの言葉を紹介すると共に、彼への感謝についても述べました。

「とても素晴らしく、特別なものだった。彼は困難や危機を乗り越える方法について、フードバンクの従業員にいくらか話をしてくれたんだ。

彼は”我々は(生活に)大して意味のないスポーツをするエンターテイナーに過ぎないが、あなた方はコミュニティに奉仕してくれている”と言っていたよ。我々の従業員やボランティアは、彼の言葉に本当に感謝しているよ」

クーパーはまた、シーズン中断によってスパーズの試合が観られないことが残念だと付け加えました。

「我々は組織全体がシルバー&ブラックだ。だからスパーズの試合を観て、それについて話すことができないことを我々は嘆いているよ」

[kanren postid="18620,18569"]

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS