リポート

クリッパーズのタロン・ルーACがネッツの指揮官に関心か

今年3月、ブルックリン・ネッツがケニー・アトキンソンをヘッドコーチから解任したことについて、カイリー・アービングの意見が関与しているのではないかという憶測がありました。

『Larry Brown Sports』のビンセント・グッドウィル記者は、アービングがクリーブランド・キャバリアーズに在籍していた頃の指揮官であったタロン・ルーを、ネッツの新たな指揮官として望んでいると伝えていました。

そして今、ルーはロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチを務めていますが、彼もまたネッツの指揮官になることに関心を抱いていると、『New York Daily News』のステファン・ボンディ記者が伝えています。



ネッツは新たな指揮官候補を多く挙げる可能性がありますが、その過程でアービングの意見がどれほどの影響を与えるかは分かりません。

ただし明らかなことがあるとすれば、ネッツはルーに献身的であることを示す必要があるということです。

今シーズン、ルーはロサンゼルス・レイカーズでレブロン・ジェームズを指揮する機会がありましたが、長期的な契約を求めていたルーはそのオファーを断りました。

ケビン・デュラントやアービングを指揮できるのは魅力的かもしれませんが、彼らの契約期間のみをルーに指揮してもらおうとするのは、あまり期待できないでしょう。

今シーズンを除けば、デュラントとアービングの契約は残り2年間が保証されています。

[kanren postid="18688,18465"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS