トピックス

ロンゾ・ボールが語る、NBAで最も苦労すること

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは、2017年のドラフトでロサンゼルス・レイカーズに全体2位で指名された後、レイカーズで2年間プレイし、それからアンソニー・デイビスを含むトレードでペリカンズへ移籍しました。



ペリカンズでキャリア3年目を迎えている22歳のボールは、チームメイトのJJ・レディックが司会を務める『The JJ Redick Podcast』に出演し、NBAへの適応を含む様々な話題について話し合いました。

「最もタフな適応はスケジュールだ。みんなはリーグで何試合プレイしてきたのかを理解していない。特に全体2位で指名され、レイカーズのためにプレイしているといって毎晩注目を浴びる。こっちはシーズンに適応してるところだってのにね」

ボールの父であるラバー・ボールの誇大宣伝も影響し、レイカーズでのキャリアは期待通りとはいきませんでした。

しかし、ボールは高校時代から特別扱いや、周囲から言われることを経験してきたため、今では家族が自身の集中力を高めることに役立ったと信じています。

そのため、ボールはコーチに怒鳴られたとしても、そのスタイルに慣れているため気にしないとも語りました。

ボールはペリカンズに移籍してから平均12.4得点、6.2リバウンド、7.0アシストを記録したほか、フィールドゴール成功率でもキャリア最高の41.2%を記録しています。

結局のところ、レイカーズでの過度な期待が消え去ったとともに、NBAに適応し始めたことが、彼を開花させた大きな要因なのでしょう。

[kanren postid="18540,18194"]

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS