トピックス

元ウォリアーズ指揮官のマーク・ジャクソン「またコーチができる日を楽しみにしている」

マーク・ジャクソンが最後にNBAでコーチングをしてから約6年が過ぎましたが、彼は再びNBAのコーチを務めることに関心を持っているようです。

ジャクソンは2011年から2014年にかけてゴールデンステート・ウォリアーズの指揮官を務め、スティーブ・カー・ヘッドコーチが引き継いだ後に成し遂げた3度の優勝の基盤を築きました。



火曜日、『ESPN』の「First Take」に出演したジャクソンは、ニューヨーク・ニックスのマイク・ミラーの後任として自身が就く可能性について尋ねられると、どのチームでもコーチングをする機会があれば歓迎すると語りました。

「NBAでの仕事は30チームでやれる。1チームに絞るようなことはしないよ。またいつの日か、コーチができる日を楽しみにしている。それは私の夢でもあるんだ。ゴールデンステートで3年間素晴らしいコーチができ、素晴らしい関係を築き、ある程度の成功を収められた。またどこかで挑戦できることを楽しみにしている」

この数年間、ジャクソンは『ESPN』や『ABC』のアナリストを務めてきましたが、NBAの指揮官の後任として名前を挙げられることは少なくありません。

ジャクソンはニックスの指揮官候補として挙げられているだけでなく、ブルックリン・ネッツの指揮官候補としても名前が挙げられていると噂されています。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS