映画監督のスパイク・リーが手掛けた『ラストゲーム』の続編に、ザイオン・ウィリアムソンを起用?

blank

出典:lonzowire.usatoday.com

ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンの次なる舞台は、映画館の巨大なスクリーンかもしれません。

1998年にバスケットボールを題材にして公開された映画『ラストゲーム』は、スパイク・リーが監督を、元NBAスターのレイ・アレンが主演を務めた作品で、この続編の主演としてウィリアムソンは最終候補に残っているようです。

blank

ザイオン・ウィリアムソン「目標があれば、道はある。それがバスケットボール」

2020-04-28



『Encore』に出演したリーは、ウィリアムソンとミーティングをする予定であったことを明かしました。

「(新型コロナウイルスが流行する)以前は、彼とミーティングする予定だった。レイ・アレンと私は、ニューオーリンズのホームでの試合に向かうところだったんだ。だから、私はまだ起用に賛成している。物語は固まっていないが、素材はとても素晴らしい」

一方で2019年には、ウィリアムソンも『ラストゲーム』の続編に出演したいと語っていました。

同作品の続編は2015年から噂になっており、2018年にはアレンが続編について自身の観点から『ESPN』に語っています。

「この映画にはまだ多くの物語が残っているから、我々は物語を続けていかなければならない。今日の世界で起こっていること、スポーツ界で起きていることは非常に多く、それについて話し合う必要もあるから、パート2も制作したいね」

最終的にウィリアムソンが起用されるかは分かりませんが、ぜひとも彼の”俳優”としての才能も見てみたいものです。

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!