隔離期間中に希少な経験をしたカイル・コーバー

ミルウォーキー・バックスのカイル・コーバーは、新型コロナウイルスによる隔離期間中もバスケットボールにアクセスしようと試み、その中で希少な経験ができたようです。

『WISN』とのインタビューの中で、コーバーは近所の子供たちとバスケットボールをしたことを明かしました。

「隣人のバスケットゴールはあるんだけど、高さは7フィート(通常のバスケットゴールの高さは10フィート)しかなかったんだ。子供たちと一緒に何本かショットを打ったけど、それが僕にとって良かったかは分からないね。でも、いくらかダンクも見せてあげなきゃいけなかったから、楽しかったよ。普段はそんなことできないからね」

アウトサイドシューターとして知られる39歳のコーバーが、試合で何本もダンクを叩き込むことは滅多に無いでしょう。

しかし、7フィートのバスケットゴールがある時に限っては、コーバーもヤニス・アデトクンボのようになれたようです。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。