ロケッツの優勝を待ち望むマイク・ダントーニHC「まだドアを叩き続けている」

マイク・ダントーニが2016年5月にヒューストン・ロケッツの指揮官に就任して以降、チームはレギュラーシーズンで通算213勝97敗を記録し、常に優勝候補の一角であり続けてきました。

しかし1995年以降、その手にラリー・オブライエン・トロフィーが輝いたことは一度もありません。

『Houston Chronicle』のブライアン・T・スミス記者とのインタビューで、ダントーニHCはロケッツの優勝を待ち望んでいると言いました。

「我々はまだドアを叩き続けている。なぜ我々ではないのかって感じているよ」

blank

ラッセル・ウェストブルック、プレイオフからの再開でも「準備はできている」

2020-04-23



3月11日にシーズンが中断されて以降、ダントーニHCはチームの選手たちと関係を強化する機会を作り、彼らの声に耳を傾けてきました。

「私が伝えたいことを、どのようにすれば伝えられるのか。そこからのスタートだった。自分を向上させるために自分を変えることができれば、いずれは人間関係を助け、全てを助けることに繋がるだろう。それはヒューストンを助け、順々にあらゆる人を助けることに繋がる。だから、まず最初は耳を傾けることが重要なんだ」

ロケッツのジェームス・ハーデンの体型はシーズン中断期間中にかなりスリムになり、ソーシャルメディア上で大きな話題となりました。

その体型が示すように、ダントーニHCはハーデンが戦う準備を整えていると語っています。

「彼はバスケットボールをプレイするのが大好きだ。彼は中断期間を利用して再充電し、常に試合の中で最高になれるよう導く素晴らしい熱意を持っている。私はそのことにワクワクしているよ」

一方、シーズンが再開された時に、ロケッツがまだ極端なスモールラインナップで戦うのかという疑問は残っています。

それについて、ダントーニHCは「徹底的にやる」と語りました。

「我々は以前から正しい方向に進んでいると確信していた。中断期間は我々が取り組める最良の機会を与えてくれると思う。そして今、我々はプレイブックの幅を広げ、同じ考えを持つ者を集めることができた。

そのリソースを最大限に活用できるのか、十分であるのかは、試合をしてみなければ分からない」

ロケッツの選手たちは、ハーデンのようにシーズン再開に備え、エリック・ゴードンのように健康を取り戻し、PJ・タッカーのように十分な休息を得られました。

ダントーニHCは「このチームに匹敵するものはいない」と自信を持っています。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。