リポート

シーズン再開に帯同できる選手は各チーム17人まで可能か

オーランドでの2019-20シーズン再開に帯同できる選手の人数について、NBAは17人まで許可する計画であることを『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者が伝えています。

シャラニア記者によれば、以前は15人までが帯同可能と考えられていました。



これによって、チームが本契約を結んでいる15人の選手でロスターを埋めていたとしても、ロスターに含まれない2way契約の選手もチームに帯同できるようになります。

シーズン再開に含まれるチームのうち、ルーゲンツ・ドーツ(オクラホマシティ・サンダー)と、アミア・コフィ(ロサンゼルス・クリッパーズ)はシーズン中断前にコールアップされていた2way契約選手であったことを考えると、恩恵を受けるチームはいくつかあるかもしれません。

また、従来のシーズンではプレイオフの試合で2way契約の選手がベンチに居ることが許可されていますが、試合への出場は禁止されています。

ただしシャラニア記者によれば、プレイオフの前に行われる8試合のレギュラーシーズンで2way契約の選手のプレイを制限するかどうかは、今のところ不明のようです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS