考察

シーズン再開後の各チームの展望【ポートランド・トレイルブレイザーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はポートランド・トレイルブレイザーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):メンフィス・グリズリーズ
  • 8月2日(3日):ボストン・セルティックス
  • 8月4日(5日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月6日(7日):デンバー・ナゲッツ
  • 8月8日(9日):ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 8月9日(10日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月11日(12日):ダラス・マーベリックス
  • 8月13日(14日):ブルックリン・ネッツ

主な離脱選手

  • トレバー・アリーザ
  • ロドニー・フッド

注目ポイント

ブレイザーズにとって最も素晴らしいニュースは、ビッグマンのユスフ・ヌルキッチと、ザック・コリンズが怪我から復帰することでしょう。

昨年3月に左足に重度の怪我を負ったヌルキッチは、2018-19シーズンで72試合(平均27.4分)に出場しており、平均15.6得点、10.4リバウンド、1.4ブロックを記録していました。

一方、今シーズンの開幕3戦目で負傷離脱となったコリンズも、チームの先発選手として重要な役割を果たしていました。

彼らが復帰することによって、昨年の夏にブレイザーズへ移籍したビッグマンのハッサン・ホワイトサイドと連携を組むことが可能になり、リム周辺はより支配的になれることが期待できます。

しかし同時に、ブレイザーズはトレバー・アリーザという重要な選手を欠くことになりました。

シーズン再開辞退を表明したアリーザは目立ったスタッツを残していたわけではないものの、33分以上に出場した試合のネット・レーティング(100ポゼッションあたりの平均得失点差)は+8.0ポイントを記録しており、縁の下からチームに大きな影響を与えていました。

そのため、結局のところチームの命運を握っているのは、やはりスーパースターのデイミアン・リラードでしょう。

今年1月には6試合で平均48.8得点を記録し、その中でウェスタン・カンファレンス首位のロサンゼルス・レイカーズにも勝利していることから、彼のパフォーマンス次第ではブレイザーズが優勝候補チームの脅威となる可能性も十分にあります。

そのため、2月下旬に鼠径部の負傷によって6試合に欠場し、その後の4試合でも不調が続いていたリラードにとって、長期のシーズン中断は回復の面でプラスになったと言えるでしょう。

ブレイザーズは現時点でウェスト9位ですが、同10位のニューオーリンズ・ペリカンズ、同11位のサクラメント・キングスとはゲーム差で並んでいるため、9位の座を死守するために気を抜くことははできません。

彼らはシーディングゲームでセルティックスやロケッツ、ナゲッツ、クリッパーズ、76ers、マーベリックスといったタフな相手と対戦するだけに、どこまで粘り強く戦えるか注目しましょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS