考察

シーズン再開後の各チームの展望【ヒューストン・ロケッツ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はヒューストン・ロケッツ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):ダラス・マーベリックス
  • 8月2日(3日):ミルウォーキー・バックス
  • 8月4日(5日):ポートランド・トレイルブレイザーズ
  • 8月6日(7日):ロサンゼルス・レイカーズ
  • 8月9日(10日):サクラメント・キングス
  • 8月11日(12日):サンアントニオ・スパーズ
  • 8月12日(13日):インディアナ・ペイサーズ
  • 8月14日(15日):フィラデルフィア・76ers

主な離脱選手

  • デイビッド・ヌワバ
  • タボ・セフォローシャ

注目ポイント

シーズンを通じてアップダウンが激しく、1月と3月には4連敗も喫していたロケッツですが、ジェームズ・ハーデンとラッセル・ウェストブルックに十分な休息が与えられた今、彼らを軽視することはできません。

したがって、時にはリーグのどのチームにも勝てる力を持つロケッツが、シーズン再開後に最も求められることは”一貫性”となります。

ロケッツは現時点でウェスタン・カンファレンス6位ですが、同2位のロサンゼルス・クリッパーズとは4.0ゲーム差で離れており、同7位のダラス・マーベリックスとはわずか1.5ゲーム差となっています。

つまり、ロケッツはこのシーディングゲームを通じて順位を大きく変動させる可能性があるでしょう。

もし彼らが優勝を目指しているのであれば、第6~7シードでプレイオフに進出し、クリッパーズやデンバー・ナゲッツと対戦するのはあまり理想的ではありません。

プレイオフ進出を確定させているとはいえ、今後の8試合はロケッツにとってシーズン全体の成功を左右させると言っても過言ではないため、一貫して勝利することは何よりも重要となります。

そこで挙がる一つの疑問は、極端なスモールラインナップを活用するロケッツが本当に一貫して勝利できるのかということです。

ロケッツは今年2月に主力センターのクリント・カペラをトレードで放出した後、センターには6フィート5インチ(約195cm)のPJ・タッカーを中心に起用してきました。

レギュラーシーズンではその試みが成功していたものの、試合全体のペースが遅くなり、ポストプレイも重要視されるようになるプレイオフで、ロケッツは同様の成功を収めることができるのでしょうか?

ニコラ・ヨキッチが在籍するナゲッツや、ルディ・ゴベアが在籍するユタ・ジャズとの対戦がプレイオフで実現すれば、より興味深いと言えるでしょう。

タフな試合でセンターの不在は致命的な弱点になるのか、それとも相手を混乱させる対処不能なラインナップとして機能するのか――ロケッツがシーディングゲームとプレイオフでどのような姿を見せてくれるのかは一つの楽しみです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS