シーズン再開後の各チームの展望【トロント・ラプターズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はトロント・ラプターズ編です。

blank

シーズン再開後の各チームの展望

2020-07-21

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 8月1日(2日):ロサンゼルス・レイカーズ
  • 8月3日(4日):マイアミ・ヒート
  • 8月5日(6日):オーランド・マジック
  • 8月7日(8日):ボストン・セルティックス
  • 8月9日(10日):メンフィス・グリズリーズ
  • 8月10日(12日):ミルウォーキー・バックス
  • 8月12日(13日):フィラデルフィア・76ers
  • 8月14日(15日):デンバー・ナゲッツ

主な離脱選手

なし

注目ポイント

昨年の夏にカワイ・レナードが去ったにも関わらず、ラプターズは今シーズンも46勝18敗でイースタン・カンファレンス2位を記録し、王者としてのプライドを見せつけています。

彼らがシーディングゲームで絶対にやらなければならない仕事は、今の順位を死守することでしょう。

今シーズンのイースタン・カンファレンスは6位と7位の差が大きいため、第1ラウンドでマイアミ・ヒートやインディアナ・ペイサーズ、フィラデルフィア・76ersと戦うのか、それともブルックリン・ネッツやオーランド・マジック、ワシントン・ウィザーズと戦うのかは、その先を見据える上でも非常に重要なものとなってきます。

スタッツについて触れることがあるとすれば、ディフェンスの名手であるレナードが所属していた昨シーズンにも増して、今シーズンのラプターズのディフェンス面は強力になっており、ディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの平均失点)は2.0ポイント近く改善されているということです。

昨シーズンのディフェンシブ・レーティング 106.8
今シーズンのディフェンシブ・レーティング 104.9

ただし、プレイオフでは1-on-1の状況が増えることを考えると、レナードが居ないことがラプターズにどのような影響を与えるかは分かりません。

とはいえ、彼らの総合的なディフェンス力はほとんどのチームを苦しませることができるため、オフェンスでも一貫して得点を挙げ続けることができれば、ラプターズはどのチームにも勝つことができるでしょう。

特に注目したい選手としては、第1のオプションの座をレナードから引き継いだパスカル・シアカムです。

昨シーズンのシアカムは、レナードの影響力や、最優秀躍進選手賞(MIP)の受賞もあったため、スーパースターという位置づけはされていませんでした。

しかし、現代のNBAで優勝するにはスーパースターが必要であることを考えると、これはシアカムにとって自身をさらに証明する大きな機会だと言えます。



また、今シーズンのラプターズは怪我に悩まされてきたため、先発選手だけで計70試合も欠場してきました。

そんな中でも彼らは勝ち続けてきたため、長いシーズン中断で全員が健康になって完全なロスターを取り戻したことは、2連覇へ向けた大きな期待と自信に繋がるのではないでしょうか。

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!