考察

シーズン再開後の各チームの展望【ロサンゼルス・レイカーズ編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

今回はロサンゼルス・レイカーズ編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月30日(同31日):ロサンゼルス・クリッパーズ
  • 8月1日(同2日):トロント・ラプターズ
  • 8月3日(4日):ユタ・ジャズ
  • 8月5日(6日):オクラホマシティ・サンダー
  • 8月6日(7日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月8日(9日):インディアナ・ペイサーズ
  • 8月10日(11日):デンバー・ナゲッツ
  • 8月13日(14日):サクラメント・キングス

主な離脱選手

  • エイブリー・ブラッドリー

注目ポイント

シーズンが中断される数日前、レイカーズはミルウォーキー・バックスやロサンゼルス・レイカーズに勝利を収めており、今シーズンの優勝候補であることを明確に主張していました。

しかし、長期の中断が彼らの勢いを鈍らせたことによって、レイカーズは他のチームと同様に本来のバスケットボールを取り戻すところから始めなければなりません。

残念なことに、彼らはオーランドでいくつかのピースを失っています。

エイブリー・ブラッドリーはシーズン再開後にプレイしないことを決断し、右手親指を骨折したラジョン・ロンドも、プレイオフの途中までは離脱することが予想されます。

彼らの離脱は、レイカーズが対処しなければならない問題の一つです。

レイカーズはディオン・ウェイターズやJR・スミスらと契約を結びましたが、それでも大半の時間はケンテイビアス・コールドウェル・ポープやアレックス・カルーソに与えられる可能性が高いでしょう。

コールドウェル・ポープやカルーソは、増加する出場時間でさらにステップアップすることができるでしょうか?

もちろん、その期待を持つことはできます。

コールドウェル・ポープはかつてフルタイムで先発を務めた選手で、今シーズンも彼が先発起用された20試合でレイカーズは17勝3敗を記録しており、カルーソも昨年の3月と4月に印象的なパフォーマンスやスタッツを残していました。

ただしカルーソの場合、その大部分はレブロン・ジェームズが欠場しており、チームの競争力が弱まっていたことは留意しておくべきです。

結局のところ、シーズン再開後のレイカーズはバックコート陣の層が薄くなっており、それが彼らの頭を悩ませるということはあるかもしれません。

また、近年ではゴールデンステート・ウォリアーズやヒューストン・ロケッツが”スモールラインナップ”を中心とすることで優勝争いを繰り広げてきましたが、レイカーズはそうではありません。

彼らはセンターにドワイト・ハワードやジャベール・マギーを据えているため、ドレイモンド・グリーンやPJ・タッカーとは全く異なるプレイスタイルです。

もちろん、昨年加入したアンソニー・デイビスがパワーフォワードの役割を望んでいたということもあるため、これに関しては仕方がなかったと言えるでしょう。

しかし、プレイオフのある時点では、バックアップの選手が限られたり、試合のペースが遅くなることでシュート本数が減り、レイカーズがスモールラインナップを強いられる場面が出てくる可能性があります。

そうした場合に、フランク・ボーゲル・ヘッドコーチがどのようなラインナップを構築し、どのように対処していくのかという部分も見どころになりそうです。

長期のシーズン中断は、ウェスタン・カンファレンスのトップを走っていたレイカーズにどのような影響を与えるのでしょうか?

とりわけ、ジェームズへの影響を見逃すことはできません。

彼は未だにリーグの第一線で戦っていますが、既に35歳と衰えが見えてもおかしくない場所にいます。

過去にカリーム・アブドゥル・ジャバーは38歳で、マイケル・ジョーダンは35歳でファイナルMVPを受賞しましたが、どちらも4ヶ月以上に渡るシーズン中断は経験していません。

この中断期間がジェームズにさらなるエネルギーを与えたのか、それとも錆びつかせてしまったのか――その答え次第では、レイカーズがシーズンをどこで終了させるのかということにも関わってくるでしょう。

-考察
-,

© 2020 NBA TOPICS