考察

シーズン再開後の各チームの展望【ミルウォーキー・バックス編】

今年3月に中断されたNBAの2019-20シーズンは、7月30日からオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで再開され、招待された計22チームがプレイオフ進出やシードを懸けてそれぞれ8試合のシーディングゲーム(順位決定戦)を戦います。

ここでは、各チームごとのシーズン再開後の展望についてチェックしてみましょう。

最後はミルウォーキー・バックス編です。

関連記事
シーズン再開後の各チームの展望

続きを見る

対戦日程(カッコ内は日本時間)

  • 7月31日(8月1日):ボストン・セルティックス
  • 8月2日(3日):ヒューストン・ロケッツ
  • 8月4日(5日):ブルックリン・ネッツ
  • 8月6日(7日):マイアミ・ヒート
  • 8月8日(9日):ダラス・マーベリックス
  • 8月10日(11日):トロント・ラプターズ
  • 8月11日(12日):ワシントン・ウィザーズ
  • 8月13日(14日):メンフィス・グリズリーズ

主な離脱選手

  • キャメロン・レイノルズ

注目ポイント

リーグ最高勝率を記録しているバックスの真の姿は、もう少し待たなければ分からないでしょう。

彼らはイースタン・カンファレンス2位のトロント・ラプターズを6.5ゲーム差でリードしているため、イーストの第1シードの座はほぼ確実に手に入れたようなものであり、ホームコートアドバンテージという概念も無いため、ウェスト首位のロサンゼルス・レイカーズよりも好成績で終える必要もありません。

今シーズンの賞レースも中断前の成績に基づいて投票が行われるため、ヤニス・アデトクンボのMVP受賞への期待値は高く、実際に彼がMVPを受賞した場合、2015~16年のステフィン・カリー以来となる2年連続MVPとなります。

要するに、バックスにとってシーディングゲームとはプレイオフの準備期間に過ぎず、唯一取り組むことがあるとすれば怪我人を出さないことだけです。

向かうところ敵なしとも言えるバックスですが、プレイオフでは越えなければならない壁が当然出てきます。

特に、昨シーズンのカンファレンス決勝で対戦し、先に2勝を挙げながらもその後に4連敗を喫したラプターズは、バックスが最も打ち負かしたいと考える相手です。

今シーズンのラプターズはカワイ・レナードを失ったといえ、ディフェンディングチャンピオンとしても、バックスの対抗馬としても好成績を残しているため、彼らがカンファレンス決勝で再戦することは十分に期待できるでしょう。

もし、バックスとラプターズが対戦することが実現した場合、特に注目したいのはクリス・ミドルトンのパフォーマンスです。

今シーズンのミドルトンは55試合(平均30.1分)で平均21.1得点、フィールドゴール成功率49.9%、3ポイントシュート成功率41.8%、フリースロー成功率90.8%と非常に効率的なオフェンスを見せています。

しかし、昨年のカンファレンス決勝では平均13.7得点、フィールドゴール成功率41.1%と失速していたため、今シーズンこそミドルトンが自身の持ち味を発揮できるか見ていきたいところです。

バックスが優勝できるかどうかは、アデトクンボの2021年のフリーエージェントにも影響を与える可能性があります。

バックスは彼の決断を楽観視しているようですが、アデトクンボ自身から絶対的な言葉が無い以上、今の彼らは最善を尽くすしかありません。

リーグ最高勝率を記録していた昨シーズンから、再びリーグ最高勝率を記録した今シーズンはどれだけ前進できたのか注目しましょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-,

© 2021 NBA TOPICS