リポート

シーズン再開に含まれなかった8チームのミニキャンプ、練習試合が行われない可能性も?

シャーロット・ホーネッツ、シカゴ・ブルズ、ニューヨーク・ニックス、デトロイト・ピストンズ、アトランタ・ホークス、ミネソタ・ティンバーウルブズ、クリーブランド・キャバリアーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズは、オーランドでのシーズン再開に含まれなかった8チームであり、その代わりに彼らにもプレイする機会を与えることについて検討されていました。

それはミニキャンプやわずかな練習試合というものでしたが、今はそれらが開催される可能性が低いことを『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者とサム・アミック記者が伝えています。

『The Athletic』によれば、火曜日に行われた8人のGMとリーグ関係者の電話会議の後、ある一人のGMは「何も起きていない」と苦言を呈しました。

「残念なことだ。取り残された8チームに大きな損害を与えている」

情報筋によれば、選手会は8チームが競争する場所の安全を確保することについて懸念を示しているようです。

11月10日には全チームが参加する2020-21シーズン開幕に向けたトレーニングキャンプが始まるため、ミニキャンプや練習試合はそれまでに計画する必要があります。

残り3ヶ月でこれらの計画がまとまる兆しは、今のところ見えません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート

© 2021 NBA TOPICS