フリースローを外して嘲笑されるも、デイミアン・リラードは「期待し、敬意を表している証拠」

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは”デイム・タイム”の異名を持つほど勝負どころに強い選手ですが、8月8日(日本時間9日)に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦では、そうではありませんでした。

1点ビハインドで迎えた第4クォーター終盤、リラードは2本のフリースローを両方とも外したことで逆転のチャンスを失い、結果的にクリッパーズが122-117で勝利したためです。

そんなリラードらしからぬミスには、クリッパーズのパトリック・ベバリーも反応せずにはいられませんでした。

ベンチに居たベバリーは、リラードが2本目のフリースローを外した瞬間に”デイム・タイム”のジェスチャーを行い、嘲笑しました。

しかし、リラードはこの反応をポジティブに捉えています。

Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ記者によれば、リラードは試合後に次のように語りました。

「彼らがそうした反応をするのは、僕に期待し、敬意を表し、僕が何度もハイレベルなパフォーマンスをしてきた証拠。だから気にしていない。むしろ、以前に僕がそのような状況に追い込んだことで、彼らがどれだけ悔しい思いをしたか伝えているんだ」

昨年のプレイオフでリラードにブザービーターを決められたポール・ジョージは最近の記憶ですが、ベバリーもヒューストン・ロケッツに在籍していた時に、プレイオフでリラードにブザービーターを決められた経験があります。



彼らの対戦は今後も興味深いですが、今年のプレイオフで彼らが対戦する可能性は低いかもしれません。

クリッパーズが第2シードで、ブレイザーズが第8シードでプレイオフに進出した場合、彼らが対戦するのはカンファレンス決勝であり、ブレイザーズはその前にロサンゼルス・レイカーズを打ち倒す必要があります。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。