ペリカンズがクリス・ポールの獲得に関心?

今季、オクラホマシティ・サンダーとクリス・ポールは非常に印象的な1年間を過ごしたと言えるでしょう。

ラッセル・ウェストブルックを含むトレードで、ポールがヒューストン・ロケッツからサンダーへ移籍した後、多くの人々がサンダーのプレイオフ進出に懐疑的でした。

しかし、彼らは44勝28敗という好成績を残して第5シードでプレイオフに進出し、1回戦で敗れたとはいえ第4シードのヒューストン・ロケッツと第7戦までもつれる激闘を繰り広げました。

今や、若い選手たちを率いて下馬評を覆したポールは、再びリーグで注目されているポイントガードの一人となっています。

最近では、ポールの獲得にニューヨーク・ニックスやミルウォーキー・バックスの名前が挙がっていました。

しかし、『Brandon ‘Scoop B’ Robinson』は、ニューオーリンズ・ペリカンズもポールの獲得に関心を示しているチームの一つだと伝えています。

これは興味深い話題です。

ポールは2011年にロサンゼルス・クリッパーズにトレードされる前、ペリカンズの前身であるニューオーリンズ・ホーネッツで、6年間に渡ってチームを引っ張っていました。

当時のトレードは論争の的となっただけに、ポールがニューオーリンズに凱旋すれば、ファンも彼を温かく迎え入れるでしょう。

そして何よりも、ペリカンズは昨年のオフシーズンにアンソニー・デイビスをトレードで放出したことによって、魅力的な若い選手やドラフト指名権を大量に獲得しました。

これにより、昨年に主力のウェストブルックやポール・ジョージを失い、再建段階に突入したサンダーとのトレードを優位に進めやすくなることも明らかです。

当然、ペリカンズがポールを獲得するために何を手放す必要があるのかは議論の余地がありますが、もし彼らが35歳のベテランガードを本気で望んでいるとすれば、それを注目しないわけにはいきません。

【投票】

ペリカンズはクリス・ポールをトレードで獲得すべき?
  • 獲得すべきではない 62%, 119
    119 62%
    119 票 - 62%
  • 獲得すべき 38%, 73
    73 38%
    73 票 - 38%
全体の票数: 192票
2020-09-14 21:46 - 2020-10-14 0:00
この投票は終了しました

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-
-, ,

© 2021 NBA TOPICS