トピックス

ネッツの”第3のスター”はキャリス・ルバート?ケビン・デュラントは「完璧な選手」と絶賛

来季、ブルックリンはケビン・デュラントとカイリー・アービングの2大スターが怪我から復帰することもあり、彼らの周囲には第3のスターを獲得するのではないかという憶測が渦巻いています。

しかし、既に2人のスターが同じチーム内に居るからといって、ネッツからこれ以上のスターが誕生しないというわけではありません。

デュラントは最近のインタビューの中で、チームメイトのキャリス・ルバートを絶賛するコメントを残しました。

「キャリスは完璧な選手だと思う。どんな試合でも得点やアシストでチームを引っ張ったり、オフェンスをコントロールしたり、ポストを守ることができるからね。

彼にはあらゆる武器があるように感じる。僕たちのチームは無私無欲なプレイをしているし、ボールを持たなくてもプレイできる選手が居る。だから、誰だってスターになることはできるんだ」

SNY

そして、ルバートが来季のネッツにとって”第3のスター”のなれるかどうかを尋ねられたデュラントは、「もちろんさ」と答えました。

実際のところ、ルバートに対する期待値は、チーム内外を問わず高いように見受けられます。

以前も、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、来季のステップアップが期待できる若手選手の一人としてルバートの名前を挙げていました。

関連記事
デイミアン・リラードが予想する、来季のステップアップが期待できる2人の若手選手

続きを見る

ルバートは今季再開後に大きくスタッツを伸ばした選手の一人です。

そこにはデュラントやアービングのほかにも、スペンサー・ディンウィディーやディアンドレ・ジョーダンといった主力選手たちの離脱も関係していたとはいえ、シーディングゲームズでは6試合で平均25.0得点、5.0リバウンド、6.7アシストを記録し、オール・シーディングゲームズ2ndチームにも選出されたのは、ルバート自身が掴み取った功績の一つだと言えるでしょう。

プレイオフではトロント・ラプターズに4連敗を喫して1回戦敗退となりましたが、そこでもルバートは平均20.3得点、6.0リバウンド、9.5アシストと目を見張るような活躍を残しました。

ルバートがネッツの”第3のスター”となる可能性は、今となっては否定できないものでしょう。

彼が今季再開後に見せたパフォーマンスは、チームメイトや組織、そしてファンに期待を抱かせるには十分なものであったためです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS