トピックス

ブラッドリー・ビールがオールNBAチームに選出されなかったことに不満

2019-20シーズンのオールNBAチームが発表され、選出者は以下の通りでした。

オールNBA1stチーム

選手チーム
ヤニス・アデトクンボバックス
レブロン・ジェームズレイカーズ
ジェームス・ハーデンロケッツ
アンソニー・デイビスレイカーズ
ルカ・ドンチッチマーベリックス

オールNBA2ndチーム

選手チーム
カワイ・レナードクリッパーズ
ニコラ・ヨキッチナゲッツ
デイミアン・リラードトレイルブレイザーズ
クリス・ポールサンダー
パスカル・シアカムラプターズ

オールNBA3rdチーム

選手チーム
ジェイソン・テイタムセルティックス
ジミー・バトラーヒート
ルディ・ゴベアジャズ
ベン・シモンズ76ers
ラッセル・ウェストブルックロケッツ

このような賞レースで物議を醸したり、不満が出たりするのは決して珍しいことではなく、それは2019-20シーズンのオールNBAチームでも例外ではありませんでした。

特筆すべきは、今季平均30.5得点、6.1アシストとキャリア最高の数字を残したワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールでしょう。

彼は今季のオールNBAチームに選出されなかったことを知った後、ツイッター上で不満を表しました。

https://twitter.com/RealDealBeal23/status/1306375756776443906

確かに、ビールがオールNBAチームに選出されなかったことは驚くべきことです。

NBAが1988年にオールNBA3rdチームを導入して以降、シーズン平均30得点以上を記録しながらオールNBAチームに選出されなかった選手はおらず、今回のビールが史上初の選手でした。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS