2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

ネッツがペリカンズのドリュー・ホリデーの獲得に関心?

ブルックリン・ネッツが、ニューオーリンズ・ペリカンズのガードであるドリュー・ホリデーとトレードで獲得することに関心を持っていると、『Heavy』のブランドン・”スクープB”・ロビンソン記者が伝えています。

また、ロビンソン記者は、ネッツがこのトレードでスペンサー・ディンウィディーやジャレット・アレン、ジャナン・ムサ、プロテクトされた1巡目指名権を提示する可能性があるとも伝えました。

もしネッツがホリデーを獲得すると、彼は間違いなくケビン・デュラント、カイリー・アービングに次いで3番目のオプションとなるでしょう。

今季のホリデーは61試合(平均34.7分)に出場し、平均19.1得点、6.7アシスト、1.6スティールを記録しました。

また、ホリデーはディフェンス面も高く評価された選手であり、2018年にはオールディフェンシブ1stチーム、2019年にはオールディフェンシブ2ndチームを受賞しました。

ホリデーには2年間の契約が残っていますが、『New York Times』のマーク・ステイン記者によれば、ペリカンズはザイオン・ウィリアムソン、ブランドン・イングラム、JJ・レディック以外のトレードにはオープンな姿勢を取っているようです。

【投票】

ネッツはスペンサー・ディンウィディーを放出し、ドリュー・ホリデーを獲得すべき?
  • 獲得すべき 55%, 37
    37 55%
    37 票 - 55%
  • 獲得すべきではない 45%, 30
    30 45%
    30 票 - 45%
全体の票数: 67票
2020-09-19 18:16 - 2020-10-19 0:00
この投票は終了しました

-
-, , ,

© 2020 NBA TOPICS