トピックス

マイケル・ジョーダン「ツイッターのある時代に生き残れたかどうかは分からない」

歴代最高の選手として名高いNBAレジェンドのマイケル・ジョーダンであっても、現代のNBAでプレイして生き残るのは容易いことではないようです。

ジョーダンは特に1990年代に世界で最も有名な選手の一人となりましたが、当時はソーシャルメディアが普及していなかったことから、24時間常に彼の議論が行われているわけではありませんでした。

そのため、ジョーダンのプライバシーもある程度は保護されていました。

しかし、ジョーダンはシガー・アフィシャナドゥ氏との最近のインタビューの中で、ソーシャルメディアやツイッターが普及した現代のNBAでプレイすることについて、次のように語っています。

「ソーシャルメディアやツイッターなどの、人の個性やプライベートな時間を侵せるツールを、人々が金銭的な利益や似たようなものを得るために利用できるようになった。

私がツイッターのある時代に生き残れたかどうかは分からない。望むようなプライバシーが存在せず、何も無いようなことでも常に誤解されてしまう可能性があるからね」

The Uncut Interview With Michael Jordan

また、現在シャーロット・ホーネッツのオーナーを務めているジョーダンは、自身がヘッドコーチの役職に就く可能性について否定しました。

「私がプレイしていた時と同じように試合に集中することを要求し、選手がそれに耐えなければならないのはフェアではない。選手ができなければ、私の感情がどうなるのかも分からないからね。

感情的な観点から、自分がコーチングをできると思ったことはない。私と今の選手たちは違うし、物事に対する認識も違うからだ」

The Uncut Interview With Michael Jordan
合わせて読みたい
ダニー・グリーンが語る、グレッグ・ポポビッチHCがマイケル・ジョーダンに似ていると思う理由

続きを見る

-トピックス

© 2020 NBA TOPICS