リポート

2020年のフリーエージェントが11月20日に開始、サラリーキャップは昨季と同じ1億910万ドルで合意

リーグとNBA選手会が、2020-21シーズンに向けた団体交渉協定(CBA)の新たな条項や、フリーエージェントの日程などの改定に合意したことを、リーグが発表しています。

発表によると、2020年のフリーエージェントは、11月18日(日本時間19日)に開催されるNBAドラフトの2日後となる、東部時間11月20日午後6時(同21日午前8時)に開始され、契約のサインは東部時間11月22日午後12時01分(同23日2時01分)から可能となります。

来季のサラリーキャップは1億914万ドル(約114億6,000万円)、贅沢税の閾値しきいちは1億3,270万ドル(約139億3,000万円)に設定され、昨季からの変化はありません。

現在のCBAでは、サラリーキャップと贅沢税の閾値の将来予測は年間3~10%の増加が見込まれていましたが、新たなCBAの下での予測値は不明です。

The Athletic』のシャムス・シャラニア記者は先日、将来のサラリーキャップと贅沢税の閾値について、最低でも年間2%の増加を見込んでいることを報じました。

関連記事
選手会が12月22日の来季開幕と72試合制を暫定的に承認、最終決定に向けて大きく前進

-リポート

© 2020 NBA TOPICS