トピックス

史上最短のオフシーズンについて語ったレイカーズのフランク・ボーゲルHC「我々は挑戦を受け入れるチーム」

ロサンゼルス・レイカーズが歴史的な2019-20シーズンの王者に輝いてから1ヶ月が経過しました。

もう1ヶ月余りの時間が経過すると、2020-21シーズンが開幕します。

レイカーズは昨季のディフェンディングチャンピオンとして、北米4大プロスポーツリーグ史上最も短い71日間のオフシーズンを終えた後、コートに戻らなければなりません。

しかし、彼らはそんな困難な挑戦に立ち向かう準備ができているようです。

レイカーズのフランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)は『Spectrum SportsNet』のインタビューの中で、非常に早い来季の開幕についてコメントを残しました。

「我々にとって非常に早い開幕であったのは確かだ。NBAの歴史の中でも最も短いオフシーズンだからね。しかし、我々は挑戦を受け入れるチームであり、我々にとっては次の挑戦が待っているだけに過ぎない。私自身も、スタッフも、フロントオフィスも、連覇を成し遂げるために挑む機会を楽しみにしている。選手たちも準備万端だ」

Spectrum SportsNet

連覇を狙うチームは、常に他のチームの目標となるため、より困難なシーズンを送ることを余儀なくされます。

昨季の好調を維持したいと思うマイアミ・ヒートやデンバー・ナゲッツ、ダラス・マーベリックスなどのチームも、来季の挽回を誓うミルウォーキー・バックスやロサンゼルス・クリッパーズ、フィラデルフィア・76ersなどのチームも、完全な健康を取り戻して優勝争いに加わろうとするゴールデンステート・ウォリアーズやブルックリン・ネッツも、あらゆるチームがレイカーズを王座から引きずり降ろそうとしています。

わずか2ヶ月余りのオフシーズンは、間違いなくレイカーズに最大の挑戦を突きつけることになるでしょう。

それでも、ボーゲルHCは自信を持っています。

少なくとも、レブロン・ジェームズやアンソニー・デイビスが健康を維持できる限り、彼らが来季も優勝争いに加わることができるのは間違いありません。

合わせて読みたい
北米4大スポーツ史上最短のオフシーズンに、レブロン・ジェームズがたった一つの絵文字で心境を表現

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS