トピックス

ラッセル・ウェストブルックとブラッドリー・ビールのデュオに安堵するウィザーズ指揮官

ワシントン・ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)は、チームのスターであるラッセル・ウェストブルックとブラッドリー・ビールの新たなデュオに安心感を覚えています。

12月19日(日本時間20日)に行われたデトロイト・ピストンズとのプレシーズンの一戦で、ウェストブルックはヒューストン・ロケッツからウィザーズにトレードされて以降初めてコートに立ちました。彼は17分の出場で8得点、7リバウンド、3アシストを記録しました。

ウェストブルックは長年に渡ってボールを支配することで真価を発揮する選手だと考えられていました。実際、彼自身もトレードされる前、オクラホマシティ・サンダー時代のようにチームの責任を担う役割を望んでいました。

しかし、この試合でボールを支配する懸念は杞憂に終わったようです。『Washington Post』のアヴァ・ウォーレス記者によれば、ブルックスHCは試合後、オフェンスがウェストブルックとビールだけで完結しなかったことに満足していると語りました。

「彼らだけでプレイするのではなく、他の選手も探そうとしていたのが良かった。ラッセルはオープンな選手を見つけ出し、正しいプレイをしてくれる選手。ブラッドリーも同様だ」

ビールは26分の出場で15得点を記録したほか、トーマス・ブライアントはチーム最多の22得点、ロビン・ロペスは13得点、ハウル・ネトは10得点を記録し、ウィザーズは99‐96で試合に勝利しています。

ブルックスHCはまた、2020年のNBAドラフトで全体9位指名を受けたフォワードのデニ・アブディアについても言及しており、彼を開幕戦で先発起用する可能性があることについて語りました。

「彼はいつか先発を務められる日が来るように努力している。それがいつになるかは分からない。開幕戦かもしれない。彼はハードにプレイし、タフで、サイズもある選手だから、我々をより良いチームにしてくれるだろう。…彼は良いアプローチをしているよ。それに関しては疑う余地もない」

ウィザーズは12月23日(同24日)のフィラデルフィア・76ers戦から2020‐21シーズンをスタートさせることになります。

合わせて読みたい
ブラッドリー・ビールが相棒ジョン・ウォールのトレードについて興味深いコメント「より良いところへ向かっている」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS