リポート

バックスの2022年ドラフト2巡目指名権が剥奪、ボグダン・ボグダノビッチとの不正交渉

ミルウォーキー・バックスがこのオフシーズンにボグダン・ボグダノビッチと不正交渉を行っていたとして、2022年のドラフト2巡目指名権が剥奪されることを、リーグが正式に発表しました。

リーグは今回の判断について、次のように声明を述べています。

バックスがフリーエージェント契約の交渉を許可される前に、ボグダン・ボグダノビッチおよび(または)彼の代理人と交渉を行ったかどうかについて、リーグは調査を行いました。調査の結果、早期の交渉が実際に行われていたため、NBAにとって不利益な行為であったと結論付けました。

フリーエージェントの正式な交渉期間が開始されたのは11月20日でしたが、11月17日の時点でボグダノビッチがサイン&トレードを介してバックスに移籍することが報じられました。しかし2日後、ボグダノビッチがバックスとの契約に合意していないという噂が浮上しました。結果的にトレードは実現せず、ボグダノビッチはアトランタ・ホークスと4年7,200万ドル(約74億円)で契約を結んだことによって、後に残ったのはバックスの規定違反の疑惑だけでした。

リーグはバックスの2022年ドラフト2巡目指名権の剥奪を決定した理由として、調査に対する球団側の協力的な姿勢、ボグダノビッチと球団の早期の交渉の証拠が無いこと、そして最終的に双方が契約を結ばなかったことが関係していると説明しました。言い換えれば、早期の交渉の証拠が見つかっていた場合、バックスはより厳しい制裁を受けていた可能性があったということです。

バックスはこのオフシーズンに3つのドラフト1巡目指名権や2つのドラフト1巡目交換権をトレードし、攻守で優れたガードのドリュー・ホリデーを獲得しました。今回の規定違反により、バックスはさらに将来のドラフト指名権を失うことになります。

合わせて読みたい
ヤニス・アデトクンボが契約延長前に感じていた恐怖とは?

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS