トピックス

カイル・ラウリーが旧友のデマー・デローザンを称賛「今も成長を続けている」

サンアントニオ・スパーズのフォワード、デマー・デローザンは古巣が何を手放したのか再び思い出させました。

2018年のオフシーズンにトロント・ラプターズからスパーズへトレードされたデローザンは、12月26日(日本時間27日)に行われたラプターズとの一戦にて、36分間の出場で27得点、5リバウンド、8アシストを記録しました。スパーズはこの試合に119‐114で勝利しており、デローザンは移籍後のラプターズとの対戦成績を3勝2敗としています。

SportsNet』によると、ラプターズのガードであるカイル・ラウリーは試合後、元チームメイトで旧友のデローザンについて称賛のコメントを残しました。

「彼は全力でプレイしていた。27得点、8リバウンドの活躍が僕らとの差を開いた。僕は何年にも渡って彼を知り、一緒にプレイしてきたけど、彼は今も成長を続けていると思う。…彼はプレイメイカーとしての役割を果たすようになった。彼の強みである得点能力も健在だけど、他の選手のためにメイキングしたり、ロールプレイヤーを楽にプレイさせたり、味方が必要とするところにパスを出したり、オープンになるように仕向けている。味方が良いプレイをできるように自信を与えているんだ」

第4クォーターはラプターズが支配しているように見えましたが、デローザンは残り4分32秒から10得点を記録し、チームは残り1分20秒の時点から9‐0のランで逆転勝利を収めました。この試合により、スパーズは開幕2連勝、ラプターズは開幕2連敗で2020‐21シーズンをスタートさせています。

合わせて読みたい
バブル内で和解していたデマー・デローザンとラプターズ球団社長

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS