トピックス

ルディ・ゴベアのディフェンスにも動じないドラ1のアンソニー・エドワーズ

2020年のNBAドラフトでミネソタ・ティンバーウルブズに全体1位で指名されたガードのアンソニー・エドワーズは、リーグ最高のディフェンダーの一人と対峙する機会がありました。

12月26日(日本時間27日)に行われたウルブズ対ユタ・ジャズの一戦の中で、エドワーズに対して2度の最優秀守備選手の受賞者であるルディ・ゴベアがマッチアップする場面がありました。しかし、エドワーズは彼のディフェンスにも動じることなく1-on-1を仕掛け、得点を記録してみせました。

The Athletic』によれば、エドワーズは試合後、こうした一つ一つのプレイについて「楽しんでいる」と語っています。

「ドラフト1位で指名された期待に応え、思い切って得点しようとしている。ただそれをやろうとしているだけなんだ」

リザーブとして起用されているにも関わらず、エドワーズは22分間の出場で18得点を記録しました。ウルブズはこの試合に116‐111で勝利しており、ウェスタン・カンファレンス14位に終わった昨季とは打って変わって開幕2連勝を記録しています。

合わせて読みたい
プレシーズン初戦で生産性を欠いたアンソニー・エドワーズ、それでもディアンジェロ・ラッセルは「彼のプレイが好き」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS