トピックス

ポール・ジョージの活躍に、チームメイトのマーカス・モリスは「MVP級のバスケ」

昨年のプレイオフの不甲斐ないパフォーマンスで大きな批判を浴びたロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、2020-21シーズンにスター選手としての威厳を取り戻しています。彼はここまでの13試合で平均24.8得点、6.2リバウンド、5.1アシスト、フィールドゴール成功率 51.0%、3ポイントシュート成功率 51.0%を記録しました。

『ClutchPoints』のトマー・アザリー記者によれば、チームメイトのマーカス・モリスは、ジョージがシーズン序盤のMVP候補に見合った活躍を残していると称賛しています。

「今季の僕らのエナジーはかなり良くなっているように思える。皆が試合を楽しんでいるんだ。もちろんPG(ジョージの愛称)の話題は多いね。彼がどこまで活躍してくれるか楽しみだよ。彼は間違いなくMVP級のバスケをしている」

1月17日(日本時間18日)に行われたインディアナ・ペイサーズ戦でも、ジョージは堅実なパフォーマンスを見せました。クリッパーズが129-96で大勝した試合で、ジョージは第3クォーターまでの出場でフィールドゴール11本中7本成功の20得点、7リバウンド、4アシスト、1スティールを記録しました。

ジョージがシーズンを通じてMVP級のパフォーマンスを維持できるかは分からないものの、彼が以前のような信頼できるパフォーマンスを見せてくれるのは非常に喜ばしいことです。ジョージの活躍もあり、クリッパーズはここまで10勝4敗でウェスタン・カンファレンス2位と好調な成績を残しています。

合わせて読みたい
顔の怪我のきっかけとなったサージ・イバカについて、強烈なジョークを残したカワイ・レナード「彼をトレード要員にした」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS