トピックス

ブラッドリー・ビールをトレードする可能性について、ウィザーズ指揮官は「興味がない」

ワシントン・ウィザーズのスター、ブラッドリー・ビールがチームの現状に不満を抱いていることは確かなようです。1月27日(日本時間28日)のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で47得点と奮闘したにもかかわらず、チームが124-106で敗れた後、ビールは不満を抱いているかという質問に対して「当然」というような答えを返しました。

関連記事
チームの現状に不満かどうか尋ねられたブラッドリー・ビール「空って青いのか?」

しかしビールが不満を抱いているからといって、彼がトレードされると考えるのは時期尚早です。『NBC Sports Washington』のチェイス・ヒューズ記者によれば、ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)は土曜日の記者会見で、ビールをトレードする可能性について「興味がない」とコメントしました。

「(ゼネラルマネージャーの)トミー(シェパード)に、他の29チームのGMの電話番号をブロックするように要求するかもね。我々は(ビールのトレードを)受け付けていない」

ビールが毎試合で驚異的なパフォーマンスを披露しているにもかかわらず、ウィザーズは現時点で3勝12敗とリーグで最低の成績を残しています。ビールはここまでリーグ1位の平均34.7得点を記録しており、これはリーグ2位のケビン・デュラント(平均30.5得点)を大幅に上回る数字となっています。

ベストを尽くしている以上、ビールがチームの改善を望むのは当然のことでしょう。ただし、現時点でビールを取り巻く噂の数々は外部から来ているものに過ぎず、ウィザーズやビール自身のアプローチは変わっていないということを覚えておく必要があります。

こちらもオススメ
47得点と奮闘も再び敗戦を喫したブラッドリー・ビール、何度も「勝ちたい」とコメント

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS