全体3位指名権を持つホーネッツが、ジェームズ・ワイズマンの指名に”大きな関心”

2020/10/28

2020年のNBAドラフトで全体3位指名権を保持するシャーロット・ホーネッツが、メンフィス大のセンターであるジェームズ・ワイズマンの指名に”大きな関心”を持っていることを、『Charlotte Observer』のリック・ボンネル記者が報じています。 ワイズマンは昨季わずか3試合の出場で19.7得点、10.7リバウンド、3.0ブロックを記録した後、メンフィス大のヘッドコーチから進学のための金銭を受け取っていたことが発覚し、11月に12試合の出場停止処分を課されました。 その後、復帰することなく大学のキャリ ...

ReadMore

トピックス

バブルでの大怪我も、後悔は無いマジックのジョナサン・アイザック「自分の信念を貫く機会を得られた」

2020/10/28

2019-20シーズンをオーランドのバブル(隔離環境)で再開させる試みは、全体的に見れば成功であったと言えるでしょう。 多くの人々の協力の下、彼らは2019-20シーズンを何とか終わらせることができ、バブル内で新型コロナウイルスの陽性反応が出た選手もいませんでした。 しかし、全てが完璧だったわけではありません。 今年3月から4ヶ月以上に渡る中断期間を経た後のシーズン再開は、選手の怪我のリスクが懸念され、実際にオーランド・マジックのジョナサン・アイザックは、左ひざ前十字靭帯の断裂という大怪我をバブルの中で負 ...

ReadMore

考察

2020-21シーズンが12月に開幕されたときの勝者と敗者

2020/10/28

NBAが1月18日(日本時間19日)のキング牧師記念日に2020-21シーズンを開幕させることを目標にしていると報じられた数日後、今度は12月22日(同23日)の開幕が有力説として浮上しました。 もちろん私たちNBAファンにとっては、白熱したシーズンが見られるタイミングが早まることは非常に喜ばしいことです。 その他にも、2020-21シーズンの開幕が早まることによって恩恵を得るチームや人々もいるでしょう。 しかし、中には損をするチームや人々もいます。 ということで、ここでは2020-21シーズンが12月に ...

ReadMore

トピックス

クリッパーズがクリス・ポールを獲得する方法

2020/10/27

ロサンゼルス・クリッパーズは優れたプレイメイキング能力を持った選手を切実に必要としており、最近ではチームのスーパースターの一人であるカワイ・レナードが、そのような選手の獲得を個人的に強く望んでいるという噂も流れました。 そのため、今年のオフシーズンにトレードされる可能性が注目されているオクラホマシティ・サンダーのクリス・ポールの獲得に、クリッパーズが名乗りを挙げたとしても不思議ではないでしょう。 リーグ屈指のプレイメイカーとはいえ、35歳という年齢と、来季に4,135万ドルの契約を結んでいるポールを獲得す ...

ReadMore

リポート

2020-21シーズン開幕前のトレーニングキャンプは12月1日から?それによって生じる懸念とは

2020/10/27

ファンをアリーナに戻したいという考えが薄れるにつれて、NBAは2020-21シーズンを迅速に開幕させ、従来の日程に軌道修正する方針に変えつつあります。 最近では、2020-21シーズンを12月22日(日本時間23日)に開幕させる案が有力であることが報じられました。 それが事実であった場合、2020年のオフシーズンは従来と比較するとかなり短い期間となるでしょう。 それに伴って『New York Times』のマーク・スタイン記者は、2020-21シーズン開幕前のトレーニングキャンプが12月1日から開始される ...

ReadMore

トピックス

来季が12月に開幕した場合、レブロン・ジェームズは最初の1ヶ月を欠場する?

2020/10/27

12月22日(日本時間23日)は、2020-21シーズンの開幕日の有力候補の一つとされています。 しかし、もし来季を12月に開幕させることになった場合、特に今年のNBAファイナルに進出したロサンゼルス・レイカーズやマイアミ・ヒートは、約2ヶ月間の休息しか得られないことになります。 従来であればオフシーズンが約4ヶ月間あることを考えると、今年のプレイオフを勝ち進んだチームは来季が非常に不利であることは明らかでしょう。 そのためレイカーズのダニー・グリーンは、来季が12月に開幕した場合、フランチャイズを優勝に ...

ReadMore

考察

NBAドラフト当日にチームの将来を左右することになった5つのトレード

2020/10/27

若き有望な選手が指名されていく瞬間を見届けることだけが、NBAドラフトの醍醐味ではありません。 各チームが指名する合間に行われるトレードもまた、注目に値する動きの一つであり、時にはそれが人々の記憶に残り続けるものとなる可能性もあります。 要するに、その時は最善だと感じて行ったトレードも、時間が経過するにつれてフランチャイズの未来を築くものであったのか、壊すものであったのか、答えが明確になることがあるということです。 ここでは、そんなNBAドラフト当日にチームの将来を左右することになった5つのトレードを振り ...

ReadMore

優勝経験を持つベテランガードのジェレミー・リンの獲得に、ウォリアーズとネッツが関心か

2020/10/26

NBA復帰を目指すベテランガードのジェレミー・リンの獲得に、ゴールデンステート・ウォリアーズとブルックリン・ネッツが関心を示している可能性があることを、中国のサイト『Weixin』が報じました。 『Weixin』によれば、ウォリアーズの中心選手たちはリンのプレイスタイルを気に入っているようです。 少なくとも、ウォリアーズがリンを獲得するのは理にかなっているでしょう。 ウォリアーズの先発バックコートはステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが居ますが、彼らのリザーブメンバーの厚さには不安が残っているためです。 ...

ReadMore

トピックス

ドラフト上位指名候補のオニエカ・オコング、同期の中で最高のビッグマンに自信「彼ら全員を上回っている」

2020/10/26

2020年のNBAドラフトに参加することを表明している南カリフォルニア大のオニエカ・オコングは、同期のビッグマンの中で最高の選手となることに自信を持っています。 オコングと同ポジションの選手としては、メンフィス大のジェームズ・ワイズマンが全体1位指名候補として挙げられており、オコングはあくまで上位指名候補という位置づけですが、『ESPN』のマイク・シュミッツ記者によれば、オコングは「彼ら全員を上回っていると思う」と語りました。 「自分は些細なこともしっかりとやっている。とにかくバスケットボールに打ち込んで ...

ReadMore

リポート

ブルズの警備員の所有していた6つのチャンピオンリングが合計約20万ドルで落札

2020/10/26

今月、シカゴ・ブルズが1990年代に獲得した6つのチャンピオンリングがオークションで落札されました。 このリングは、2018年に亡くなるまで52年間に渡ってブルズの警備員として働いてきたジョン・キャップス氏の所有物でした。 ブルズを6度の優勝に導いたマイケル・ジョーダンと、キャップス氏の親密な友情は、今年4月に『ESPN』で配信された『ザ・ラストダンス』の中でも触れられています。 『Huggins & Scott Auctions』によれば、6つのリングは全て個別でオークションに出品され、1997 ...

ReadMore

© 2020 NBA TOPICS