リポート

ルーク・ウォルトン氏への懸念は、NBAコミッショナーにまで届いていた?

今年1月、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズの周囲の人間が、ヘッドコーチであったルーク・ウォルトン氏の手腕を懸念していたことは、知られた話でしょう。

しかしどうやらその懸念は、それよりも少し前に、それもNBAコミッショナーであるアダム・シルバー氏にまで届いていたようです。

この詳細を、『ESPN』のバクスター・ホームズ氏が明らかにしました。



昨年11月、NBAコミッショナーなシルバー氏と、レブロンの長年の友人であるマーベリック・カーター氏、そしてレブロンの代理人であるリッチ・ポール氏が、昼食を共にしました。

するとある時点で、ポール氏はシルバー氏に近づき、ウォルトン氏についての文句を語ったのです。

ポール氏は、ウォルトン氏がレイカーズに相応しいコーチではないと言うと、シルバー氏は肩をすくめて誰が相応しいコーチなのか尋ねます。

ポール氏が呟いたのは、今季序盤までキャバリアーズのヘッドコーチを務め、レブロンとの優勝経験もあるタロン・ルー氏でした。

結局のところ、レブロンやポール氏がレイカーズに対して、ルー氏を新たなヘッドコーチとして招き入れるように促したわけではありませんが、代わりに彼らはNBAのコミッショナーに話したということです。

しかし、どのみちレイカーズはルー氏との契約を結ぶことができなかったため、この考えは失敗に終わっています。

レイカーズはフランク・ボーゲル氏を新たなヘッドコーチとして招き入れましたが、もしも再び手腕を疑うようなことがあれば、またもやNBAコミッショナーへ文句を垂れることになるのでしょうか?

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS