リポート

ワールドカップのロスター候補に、アンソニー・デイビスやジェームズ・ハーデン

今年開催されるFIBAワールドカップも残り3ヶ月を切ったことで、アメリカ代表に抜擢される12人の選手も、徐々に見通しが明らかなってきています。

『New York Times』のマーク・ステイン氏によると、この秋に誰がワールドカップに出場するのか、可能性の高そうな選手をいくつかツイートしました。



ステイン氏の報告に基づけば、チームUSAは既に、シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーや、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスが加わることを望んでいるようです。

その他にもヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデン、ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルも、可能性が高いと伝えました。

また、2012年のデイビス以来となる、チームに所属する前にワールドカップに参加する選手として、今年のドラフトで全体1位指名が期待されているザイオン・ウィリアムソンも、チームUSAは興味を持っているようです。

これらの選手全員が実際にワールドカップに出場するとなれば、12人のロスターのうちほぼ半分を占めるわけですが、それでも言うまでもなく非常に強力なロスターであることは間違いないでしょう。

そしてチーム全体を名将のグレッグ・ポポビッチ氏が率いるというのも、さらに面白いと言えます。

チームUSAのトレーニングキャンプは、8月上旬開始です。

日本はワールドカップの予選でアメリカと激突するため、一体誰が抜擢されるのかは特に注目しておきたいところでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2022 NBA TOPICS