リポート

リッキー・ルビオが来季にジャズでプレイすることはない?

ユタ・ジャズのポイントガードであるリッキー・ルビオは、今夏に無制限フリーエージェントとなりますが、ジャズに戻ってくる可能性はかなり低いかもしれません。

ルビオは、『Catalunya Radio』のアーネスト・マシア氏に対し、ジャズが自身を「優先事項」としていないことを明らかにしたからです。

リッキー・ルビオ:「ユタは既に、俺が彼らにとっての優先事項ではないことを伝えてきた」



これに加えて『Deseret News』によれば、ルビオは最近、スペイン代表のチームメイトでもあるトロント・ラプターズのマーク・ガソルのように、プレイオフを目指すチームの”主導的な役割”を担いたいと考えているようです。

また、ルビオは自身のフリーエージェントについて、次のように語りました。

「たくさんの友達が俺に聞いてくるけど、どこへ移籍するかは分からない。(他のチームが)ポイントガードを必要としているかどうかに懸かっているね。フリーエージェントになれば、考え始め、行ける場所を見られるようになる。確実に探すチームの一つとして、コーチやチーム、俺にとってベストの状況になるということかな。楽しみたいから、楽しめるためのベストの状況を見つけようとするつもりだよ。」

今季、1,480万ドルの契約を結んでいたルビオは、1試合あたり平均12.7得点、3.6リバウンド、6.1アシストを記録しています。

現状でプレイオフを争えるチームが、ルビオを必要とするかどうかは少し難しいところですが、今夏の動きに注目したいところです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2022 NBA TOPICS