リポート

セルティックスがクリント・カペラのトレードへ”真剣”に取り組んでいる?

プロセスの早い段階ではありますが、ボストン・セルティックスは、ヒューストン・ロケッツのクリント・カペラをトレードで獲得しようと試みている模様です。

この動きは、セルティックスにとって意味のあるものでしょう。

なぜなら、カイリー・アービングが今夏にフリーエージェントなって別のチームへ移籍したり、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスのトレードに失敗し、両方をチームに置けない可能性があるからです。

つまり、これは一種の保険のようにも捉えることができますが、25歳と若いカペラであれば、おそらくセルティックスにもフィットするのではないでしょうか。

『Basketball Insiders』のスティーブ・カイラー氏は、ツイッター上で次のように報告しました。

「私が聞いたセルティックスの情報は、クリント・カペラの獲得にかなり真剣に取り組んでいること、新たな契約についてテリー・ロジアーとある程度の話をしたことだ。この段階でのドラフトやトレードのプロセスは、全てが流動的である。やれることを見つけていくんだ。」



セルティックスが、検討しているトレードにテリー・ロジアーを含むかどうかは不明です。

しかし、ロケッツは今夏にロスターのテコ入れを図ることを試みており、ロジアーにも関心を持っていることを考えると、これは興味深いと言えるでしょう。

また、チームの勘案を理解している情報筋の一つによれば、ロケッツはクリス・ポール、カペラ、エリック・ゴードンの3人の主力のうち、少なくとも1人は放出することになると伝えています。

昨夏、カペラは5年9,000万ドルの大型契約を結んでいるため、セルティックスはこのトレードを熟考するべきです。

それでも、万が一に備えて戦力を確保しておくのは重要かもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, ,

© 2022 NBA TOPICS