リポート

レイカーズ、ニックス、マブスが、ケンバ・ウォーカーの獲得に関心?

ケンバ・ウォーカーは2011年のドラフトでシャーロット・ホーネッツに全体9位で指名されて以来、キャリアの全てをホーネッツに費やしてきましたが、今夏にフリーエージェントとなります。

そんな中、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏は、もしもウォーカーがホーネッツと再契約をしなかった場合、ロサンゼルス・レイカーズ、ニューヨーク・ニックス、ダラス・マーベリックスの3チームが、ウォーカーの獲得に”非常に興味を持っている”と伝えました。

今季、ウォーカーは1試合あたり平均25.6得点(キャリアハイ)、5.9アシスト、4.4リバウンド、1.2スティールを記録し、オールNBA3rdチームにも選出されたことを考えると、他チームも彼に興味が沸くのは当然のことでしょう。



『Sports Illustrated』によれば、ホーネッツはウォーカーに5年最大2億2,130万ドルのスーパーマックス契約を提示できるのに対し、他チームは最大で4年1億4,060万ドルの契約を提示することができます。

もしウォーカーがオールNBAチームに選ばれていなかった場合、ホーネッツがウォーカーに提示できるのは最大で5年1億8,970万ドルのマックス契約であったため、今のホーネッツは金銭面で圧倒的なアドバンテージを有していると言えるでしょう。

事実、ホーネッツが再契約の意思を示せば、ウォーカーはホーネッツに残留することを考えているため、彼を引き留めるのは簡単な話です。

しかしウォーカーの8年間のキャリアの中で、ホーネッツがプレイオフに進出できたのはわずか2回であり、いずれもファーストラウンドで敗退を喫しています。

ウォーカーとの再契約(スーパーマックス契約)はチームのキャップスペースを圧迫し、チームの将来的な成功の妨げとなる可能性もあるでしょう。

また、プレイオフへの出場に着目するのであれば、レイカーズのレブロン・ジェームズや、マーベリックスのルカ・ドンチッチらと一緒にプレイする方が、遥かに魅力的だという部分もあります。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, , , ,

© 2022 NBA TOPICS