リポート

ペリカンズはアンソニー・デイビスのトレードで、カイル・クーズマを要求している?

『New York Times』のマーク・ステイン氏は、ロサンゼルス・レイカーズは6月20日(日本時間21日)に行われるNBAドラフトで、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスをトレードで獲得すべく、ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、及び2019年の全体4位指名権を差し出すオファーをしたと伝えました。

しかし、ペリカンズが求めているのは別の選手かもしれません。

『Los Angeles Times』のTania Ganguli氏とブラッド・ターナー氏によれば、ペリカンズはデイビスのトレードで、レイカーズのカイル・クーズマを含ませたいと考えているものの、レイカーズがそれを躊躇っているようです。



23歳のクーズマはレイカーズの中でも評価が高く、今年のドラフトの抽選ではチームの代表として出たほか、チームメイトのレブロン・ジェームズとも良好な関係を築いています。

もし、レイカーズがレブロン、デイビス、クーズマを残すことが出来れば、彼らは3つのポジションで得点やスイッチができる多種多様なフロントコートを形成できるでしょう。

一方で、ボールやイングラムは将来的なポテンシャルはあるものの、ボールを持っていた方が機能するため、レブロンと共存するには難しいという見方があります。

また、イングラムは3月に深部静脈血栓症により、無期限離脱を余儀なくされました。

『Los Angeles Times』のTania Ganguli氏とブラッド・ターナー氏によれば、ペリカンズはデイビスのトレードで、レイカーズのカイル・クーズマを含ませたいと考えているものの、レイカーズがそれを躊躇っているようです。

現時点で、ペリカンズはレイカーズのトレード案に納得していません。

そしてこのトレードは、2011年にカーメロ・アンソニーがニューヨーク・ニックスへトレードされた感覚と、少しだけ似ていると言えるのではないでしょうか。

両チームの争点は、レイカーズが若い選手を何人放出するか…ということであるからです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, ,

© 2022 NBA TOPICS