ペリカンズはアンソニー・デイビスのトレードで、カイル・クーズマを要求している?

(引用元:foxsportsasia.com)

『New York Times』のマーク・ステイン氏は、ロサンゼルス・レイカーズは6月20日(日本時間21日)に行われるNBAドラフトで、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスをトレードで獲得すべく、ロンゾ・ボールブランドン・イングラム、及び2019年の全体4位指名権を差し出すオファーをしたと伝えました。

 

しかし、ペリカンズが求めているのは別の選手かもしれません。

 

『Los Angeles Times』のTania Ganguli氏とブラッド・ターナー氏によれば、ペリカンズはデイビスのトレードで、レイカーズのカイル・クーズマを含ませたいと考えているものの、レイカーズがそれを躊躇っているようです。



23歳のクーズマはレイカーズの中でも評価が高く、今年のドラフトの抽選ではチームの代表として出たほか、チームメイトのレブロン・ジェームズとも良好な関係を築いています。

 

もし、レイカーズがレブロンデイビスクーズマを残すことが出来れば、彼らは3つのポジションで得点やスイッチができる多種多様なフロントコートを形成できるでしょう。

 

一方で、ボールイングラムは将来的なポテンシャルはあるものの、ボールを持っていた方が機能するため、レブロンと共存するには難しいという見方があります。

 

また、イングラムは3月に深部静脈血栓症により、無期限離脱を余儀なくされました。

 

どちらにせよ、レイカーズがトレードでデイビスを獲得するには、クーズマをトレードに含むか、ジョシュ・ハートのような他の選手を組み込むしか無さそうです。

 

現時点で、ペリカンズはレイカーズのトレード案に納得していません。

 

そしてこのトレードは、2011年にカーメロ・アンソニーがニューヨーク・ニックスへトレードされた感覚と、少しだけ似ていると言えるのではないでしょうか。

 

両チームの争点は、レイカーズが若い選手を何人放出するか…ということであるからです。

(参考記事:Lakers Trade Rumors: Pelicans Want Kyle Kuzma Included in Anthony Davis Package

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください