リポート

ケビン・デュラントとカイリー・アービングがニューヨークで接触?

カイリー・アービングとケビン・デュラントが来季に同じチームに集まるのか、そのような議論が幾度となく行われていることは、広く知られているでしょう。

『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏は、アービングがプレイヤーオプションを破棄した――すなわち6月30日にフリーエージェントとなることを伝えました。

『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト氏は、先日アキレス腱の手術を受けたデュラントが、ゴールデンステイト・ウォリアーズからマックス契約の契約延長のオファーを受けるだろうと伝えています。

また、一部のアナリストは、アービングがブルックリン・ネッツへの移籍を考えているかもしれないと報じました。



そんな中、『Bleacher Report's』のリック・ブッチャー氏は、ニューヨークでアービングとデュラントが接触したことを伝えています。

「私が知っているのは、彼(デュラント)が退院していて、当分の間ニューヨークのホテルに移っているということだ。彼とカイリーは接触した。カイリーが病院やホテルに向かったのかは分からないが、彼らは接触し、来季に一緒にプレイする可能性について話し合いを続けていた。彼(デュラント)は近い将来、ニューヨークで過ごすことを計画している。彼が西海岸に戻る予定は無い」

ただ、ブッチャー氏は付け加えて、アービングとデュラントは一緒にプレイすることを望んでいるものの、それぞれの目的地は異なると指摘しました。

ブッチャー氏によれば、アービングはネッツでデュラントとプレイしたいのに対し、デュラントはニックスでアービングとプレイしたいようです。

これがどこまで事実かは分かりませんが、この先の動向を見る上では興味深い情報だと言えるでしょう。

フリーエージェントは、現地時間6月30日の午後6時から解禁されます。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, , ,

© 2021 NBA TOPICS