リポート

レイカーズがキャップスペース確保のために複数選手をトレード予定?

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏とボビー・マークス氏によれば、アンソニー・デイビスを獲得したロサンゼルス・レイカーズは、大物フリーエージェントを獲得できるキャップスペースを確保するため、複数人の選手をトレードしようと考えているようです。

ウォジナロウスキー氏はこの選手について、モリッツ・ヴァグナー、ジェメリオ・ジョーンズ、アイザック・ボンガの3人を挙げており、彼らの来季のサラリーは合計で約490万ドルとなっています。

レイカーズとニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスを含むトレードは合意されたものの、7月6日まで正式に行われることはなく、レイカーズのキャップスペースは2,370万ドルにしかなりません。



ウォジナロウスキー氏とマークス氏は、レイカーズがどのようにして経済的な柔軟性を見出すのかについて、もう少し詳しく付け加えました。

リーグの情報筋は、レイカーズは木曜日のドラフトでも、2巡目指名権の獲得を積極的に狙っていると『ESPN』の語った。これらの指名権は、レイカーズに2つの重要なものを与えるだろう。安価な選手を獲得できることと、ミニマム契約でサラリーキャップを超過できることだ。

(大物フリーエージェントを獲得する)シナリオの下では、デイビスに400万ドルのトレードボーナスを破棄してもらう必要があるだろう。トレードしてくれるチームがある場合、レイカーズは7月6日に3,250万ドルのキャップスペースで1人か複数人の選手とサインし、同じ日にAD(アンソニー・デイビス)のトレードをすることができる。

ただ、ヴァグナー、ジョーンズ、ボンガのいずれにも大きな価値が無いことは、レイカーズにとって非常に難しいことかもしれません。

有望な若手選手のほとんどをペリカンズに放出した今、残った彼らだけを欲しいと考えるチームがいるでしょうか?

7月6日はチームが正式にフリーエージェントと契約ができる重要な日であるため、レイカーズはその日までにトレードでキャップスペースを空ける必要があります。

何が何でも3人目のスター選手の獲得に間に合わせたいのであれば、レイカーズはカイル・クーズマのトレードについて真剣に考える必要があるかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS