NBAが「チャレンジ制度」を導入か

(引用元:flipboard.com)

『ESPN』のザック・ロウ氏によると、NBAは2019-20シーズンから「コーチのチャレンジ制度」を、”試験段階”として導入する可能性があるようです。

 

チャレンジ制度とは、レフェリーの判定に納得いかない時に申し立てることで、ビデオレビューを用いて再判定をすることであり、既に北米の主要な3つのスポーツ(NFL、NHL、MLB)はチャレンジ制度を導入しています。

 

また、NBAの下部組織であるGリーグでも、過去2年間でチャレンジ制度を試験段階として運用していました。



『ESPN』によれば、チャレンジの申し立てが適用されるシチュエーションは、以下の通りです。

 

  • ファウル
  • ゴールテンディング
  • バスケットボール・インターフェア
  • アウト・オブ・バウンズ

 

提案書では、チャレンジの使用が認められるのは1試合につき各チーム1回のみであり、チームが最低1つのタイムアウトを持っている必要があります。

 

チームは即座にタイムアウトを要求した後、シチュエーションに対してチャレンジすることを申し出なければなりません。

 

NFLと同様に、チャレンジで判定が覆った場合、タイムアウトは取り消されますが、覆らなかった場合はタイムアウトを消費することになります。

 

ただしNFLと異なるのは、チャレンジの成功と失敗に限らず、使用できるのは1回のみということです。

 

これまで、ビデオレビューはNBAのレフェリーが判定を難しいと判断した場合にのみ使用されていましたが、このチャレンジ制度が導入されれば、コーチの責任ではありますがレビューの幅を増やすことができるでしょう。

 

ただし、あくまで案であり、承認されるには7月9日に開催予定の投票で、リーグ30チームのうち3分の2の承認を得る必要があります。

チャレンジ制度の導入は賛成?反対?
  • 賛成 63%, 101
    101 63%
    101 票 - 63%
  • もう少しルールを変えれば賛成 35%, 56
    56 35%
    56 票 - 35%
  • 反対 2%, 3
    3 2%
    3 票 - 2%
全体の票数: 160票
2019-06-29 - 2019-07-09
この投票は終了しました

(参考記事:NBA Rumors: Coach’s Challenge ‘Likely’ Debuting Next Season on Trial Basis

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください