リポート

クリッパーズはジェームズ・ハーデンやブラッドリー・ビールの獲得を試みていた?

カイリー・アービングとケビン・デュラントが、ブルックリン・ネッツで一緒にプレイすることを望んだように、カワイ・レナードもポール・ジョージと、ロサンゼルス・クリッパーズで一緒にプレイすることを望みました。

しかし、クリッパーズは別のシナリオを検討していたかもしれません。

『The Athletic』のジョバン・ブハ―氏とサム・アミック氏によれば、クリッパーズはブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)とジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)の獲得を狙っていた可能性があるようです。

情報筋によれば、クリッパーズはブラッドリー・ビールとジェームズ・ハーデン(の獲得)について問い合わせていたが、どちらのスターも獲得可能ではなかった。



これが事実であれば、クリッパーズの大胆不敵な行動は恐ろしいものです。

他チームから見れば、ビールは最も移籍するべきスター選手の一人として評価されているため、クリッパーズが狙うのは理にかなった行動だと言えるでしょう。

しかし、ウィザーズがビールの放出を拒んでいるため、トレードが実現することはありませんでした。

ハーデンは、より興味深い選択肢です。

ロケッツでハーデンとクリス・ポールの限界が見えていたならば、それを解体するまでは分かっていたとしても、必ずしもポールが放出される側とは限りません。

結局はそれも実現しなかったものの、クリッパーズがオクラホマシティ・サンダーとのトレードで放出した5つのドラフト1巡目指名権や、シャイ・ギルシャス・アレキサンダー、ダニーロ・ガリナリといった資産は、大半のスター選手のトレードを可能にするものです。

とはいえ、冒頭でも言ったようにレナードはジョージとのプレイを望んでいました。

クリッパーズにとっても、レナードとジョージの獲得は最適解であると信じることができるため、ビールやハーデンを獲得できなかったのはむしろ良かったことでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, ,

© 2021 NBA TOPICS