アンドレ・イグダーラの獲得を狙い続けるレイカーズ

出典:slamonline.com

ロサンゼルス・レイカーズは優勝のためのラストピースを狙い続けています。

 

『ESPN』のリポートによれば、アンドレ・イグダーラがメンフィス・グリズリーズからバイアウトされた場合、レイカーズは彼を獲得するためにロスターを空けているようです。

 

2019-20シーズンに向けてイグダーラを獲得できれば、レイカーズは優勝への期待がいっそう高まることになるでしょう。



しかし、今月初めにゴールデンステート・ウォリアーズからイグダーラを獲得したグリズリーズは、安価でイグダーラを放出することを考えていないため、バイアウトの可能性は低いかもしれません。

 

『New York Times』によれば、将来の1巡目指名権が提示されなければ、グリズリーズはイグダーラを残して2019-20シーズンを迎えるようです。

 

これにより、ヒューストン・ロケッツ、ダラス・マーベリックス、デンバー・ナゲッツといったイグダーラに関心を持っていたチームは、1巡目指名権を手放すリスクを恐れて消極的になりつつあります。

 

加えて、イグダーラは今年初め、近いうちに引退する可能性をほのめかしました。

 

「どれだけ長くプレイしたいか、良い考えは持っている。自分自身でそれは維持しているけど、(引退は)もうすぐやってくるだろうね。あと4年、5年はプレイできるよ。でもそれはないね」

 

優勝に貢献できるといえど、徐々に衰えも見え始めているだけに、レイカーズはイグダーラ獲得の機会を逃したくはないでしょう。

(参考記事:Lakers keeping roster spot open for Andre Iguodala, report says

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください