リポート

アンドレ・イグダーラの獲得を狙い続けるレイカーズ

ロサンゼルス・レイカーズは優勝のためのラストピースを狙い続けています。

『ESPN』のリポートによれば、アンドレ・イグダーラがメンフィス・グリズリーズからバイアウトされた場合、レイカーズは彼を獲得するためにロスターを空けているようです。

2019-20シーズンに向けてイグダーラを獲得できれば、レイカーズは優勝への期待がいっそう高まることになるでしょう。



しかし、今月初めにゴールデンステート・ウォリアーズからイグダーラを獲得したグリズリーズは、安価でイグダーラを放出することを考えていないため、バイアウトの可能性は低いかもしれません。

『New York Times』によれば、将来の1巡目指名権が提示されなければ、グリズリーズはイグダーラを残して2019-20シーズンを迎えるようです。

これにより、ヒューストン・ロケッツ、ダラス・マーベリックス、デンバー・ナゲッツといったイグダーラに関心を持っていたチームは、1巡目指名権を手放すリスクを恐れて消極的になりつつあります。

加えて、イグダーラは今年初め、近いうちに引退する可能性をほのめかしました。

「どれだけ長くプレイしたいか、良い考えは持っている。自分自身でそれは維持しているけど、(引退は)もうすぐやってくるだろうね。あと4年、5年はプレイできるよ。でもそれはないね」

優勝に貢献できるといえど、徐々に衰えも見え始めているだけに、レイカーズはイグダーラ獲得の機会を逃したくはないでしょう。

-リポート
-,

© 2020 NBA TOPICS