なぜ今オフのNBAはトレードの噂が少ないのか

出典:sportscasting.com

NBA全体を見回してみると、今年のオフシーズンはトレードの話があまり進展していないような印象が見受けられるでしょう。

 

これには、主に2つの理由が考えられます。



一つは、オフシーズンに契約した選手が、12月15日までトレードできないということです。

 

しかし、これだけでは毎年同じ条件であるため、他の年との区別が付きません。

 

『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト氏は、エグゼクティブ間でトレードの話し合いがほとんど無いことについて、次のように指摘しています。

 

「今のところ、私が理解している範疇では、トレードの交渉がほとんど行われていない。何も無いんだ。この数年間で最もつまらない。なぜなら、リーグの3分の1の選手がサインしたばかりで、トレードに適した選手がほとんど居ないからだ」

 

唯一、話題に火を付けることができる選手がいるとすれば、それはワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールになるでしょう。

 

リーグのエグゼクティブの多くは、ウィザーズが最終的にビールを手放して再建を始めると信じており、ウィンドホースト氏も「間違いなくブラッドリー・ビールの(トレードの)議論は進行中だ」と述べました。

 

とはいえ、現状ではビールに残り2年の契約が残っており、ウィザーズは彼と契約延長を結ぶために尽力しています。

 

【今回の一問一答クイズ】

2018-19シーズンのトレード・デッドライン当日(2月7日)に行われたトレードの数は?

  • 5
  • 9
  • 13

正解!正解!

不正解!不正解!

13

たった1日で13ものトレードが、計18チームによって行われました。主なトレードとしては、マーク・ガソルのラプターズ移籍、ハリソン・バーンズのキングス移籍、マーケル・フルツのマジック移籍が挙げられます。

ピストンズがフランク・ニリキナに関心?

2019-10-12

(参考記事:Why NBA trade chatter is so slow

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください