トピックス

ヤニス・アデトクンボを残留させるために手を尽くすバックス

時には、罰金でも有効的に活用できるかもしれない――特に、フランチャイズの歴史に残るスーパースターがいる場合はそうでしょう。

ミルウォーキー・バックスはのゼネラルマネージャーであるジョン・ホルスト氏は、1年後にヤニス・アデトクンボとスーパーマックス契約を結ぶことを公言したことで、NBAから5万ドルの罰金を科されました。

しかし、だからといってバックスとアデトクンボのスーパーマックス契約が取り消されることはなく、むしろそうした強い意思表示は、アデトクンボがミルウォーキーに残る考えを強めるものでさえあります。



今後のアデトクンボの選択肢は2つ――2021年の夏に無制限フリーエージェントとなるか、来年の夏にバックスと5年2億5,300万ドルのスーパーマックス契約を結ぶかです。

もしアデトクンボがフリーエージェントになった場合、他のチームの彼と結べるマックス契約は4年1億6,130万ドルとなるでしょう。

バックスのメディアデーでは、アデトクンボはスーパーマックス契約について言及することを避けました。

「もし素晴らしいチームに居て、目標が優勝であることだとすれば、僕がフリーエージェントや何をするのかについて話すのは、チームメイトに対して失礼だと思う。適切なタイミングが来れば、僕たちはそれについて話すよ。今はそんな時じゃないんだ」

アデトクンボはその質問について最小限のことしか語らないかもしれませんが、2019年のシーズンMVPがフリーエージェントを迎えるかどうかの分かれ目は、NBAで最も注目されるストーリーの一つでしょう。

彼は24歳で全盛期すら迎えていないにも関わらず、再びMVPを獲得するかもしれないと予想され、最優秀守備選手賞も手の届く位置にあります。

『USA TODAY』のジェフ・ジルジット氏によれば、ホルスト氏はバックスの長期的な成功を望んでいると語りました。

「私たちは継続性を信じている。このチームは成長していて、適合していて、合理的なように見える。このチームが長期的に競い合い、成功を維持することが目標だ」

当然、その中心にあるのはアデトクンボです。

また、バックスがアデトクンボを残留させられる別の大きな利点があるとすれば、ギリシャで育ったアデトクンボにとって、ミルウォーキーは彼が過ごした唯一のアメリカの都市であるため、その環境は既に信頼できるものでしょう。

もちろん、それに価値があるとはいえ、アデトクンボが盲目的な忠誠心を抱くようになるという意味ではありません。

しかし、スーパーマックス契約の公言や、目標を優勝として定めていることなど、バックスがアデトクンボにしてきたことを考えると、彼らがスーパーマックス契約を結ぶことは最も理にかなっていることです。

[kanren postid="15265"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS