リポート

ディアンドレ・エイトンに25試合の出場停止処分「前向きな解決を」

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、フェニックス・サンズのディアンドレ・エイトンは利尿検査で陽性反応を示したため、NBAから25試合の無報酬出場停止処分を科されました。



ただ一方で、エイトンはこれを「意図的な摂取ではない」と主張しているおり、出場停止期間の減少もしくは取り消しを求める準備を、選手労働組合と協力して進めているようです。

ウォジナロウスキー氏によれば、エイトンは次のように声明を出しました。

「家族、サンズの組織、チームメイト、パートナー、ファン、フェニックスのコミュニティに謝罪したいと思います。これは意図しない間違いで、残念なことに全く知らないものを体に取り入れてしまいました。他の多くの人たちに不幸な影響を与えてしまったことを理解しており、深くお詫びします。チームを失望させてしまったことを、とても残念に思います。私は引き続きNBPAと協力して仲裁を行い、前向きな解決を期待しています」

『ESPN』のボビー・マークス氏によれば、エイトンは出場停止により217万ドルが無報酬となり、サンズは11月2日のメンフィス・グリズリーズ戦以降から16人目の選手をロスター登録することが認められるようです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS