リポート

リチャード・ジェファーソン氏の引退の理由をニックスが否定

NBAで17年間プレイしてきた39歳のリチャード・ジェファーソン氏は、フリーエージェントとなった2018年の夏、彼に唯一オファーを提示したチームがニューヨーク・ニックスであったため、引退を決意したと主張しています。



『New York Post』のマーク・フィッシャー氏によれば、ジェファーソン氏は2018年の夏の出来事について、次のように語りました。

「彼らが僕に仕事を与えてくれた唯一のチームだったから、僕は引退を決意したんだ。(引退する)時が来たと思っていたよ。ニックスが僕を獲得しようとしていたことで、リーグでの僕の時間が終わったことを理解したんだ」

しかし、一方でニックスは、ジェファーソン氏のコメントをTwitter上で否定しています。

釈明のために述べますが、ニューヨーク・ニックスが2018年か2019年の夏に、リチャード・ジェファーソンに契約を提示したというのは事実ではありません。

ジェファーソン氏は現在、『ESPN』と『YES Network』でNBAの評論家として働いています。

[kanren postid="16192"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS